Sponsored Link

心臓腫瘍

  • 原発性心臓腫瘍は稀。剖検例の0.2%以下。良性が7割。
  • 原発性良性心臓腫瘍は粘液腫が最多で30%、続いて脂肪腫乳頭状線維弾性腫と続く。
  • 悪性では、血管肉腫、横紋筋肉腫、線維肉腫と続く。

心臓粘液腫(Cardiac myxoma)

  • 成人の心臓原発腫瘍で最多。
  • 左房発生が3-6割、特に中隔から発生することが多い。心室内は非常にまれ。
  • やや女性に多い。30-60歳代に多い。
  • 通常単発で見られるが、多発して若年者の場合はCarney複合(Carney complex)が背景にある場合あり。この場合、皮膚や乳房にも粘液腫を生じることあり。

Carney複合=肺過誤腫、副腎外傍神経節腫、胃間葉性腫瘍を特徴とする。

  • 有茎性で可動性のことが多い。
  • 80%に症状がみられ、心腔閉塞症状、塞栓症状、発熱、関節痛など非特的な症状。

心臓粘液腫の画像所見

  • ムコ多糖類の器質を反映して単純CTでもやや低吸収を呈することが多い。出血に伴う石灰化が見られることがある。
  • 心房中隔に有茎性に付着しているのが特徴。
  • 通常の造影CTでは辺縁がぼやける。腫瘍自体の造影効果は弱い。
  • MRIでは粘液基質を反映してT2WIにて高信号を呈するのが特徴。
  • 心電図同期での撮像で、有茎性や可動性の評価も可能。
  • 治療は症状がある場合や塞栓症がある場合は外科的切除が第一。治療後も10-15%で再発あり。

Sponsored Link

症例 40 歳代の女性。息切れを主訴に来院し精査となった。

left-atrial-myxoma

2016年放射線科診断専門医37より引用。

左房に低吸収を呈する腫瘍性病変あり。左房粘液腫を疑う所見。

症例 60 歳代の男性。検診の心エコー図検査にて異常を指摘された。

Cardiac myxoma

2012年放射線科診断専門医試験問題35より引用。

左房に低吸収を呈する腫瘍性病変あり。左房粘液腫を疑う所見。

症例 50 歳の女性。時に胸部不快感。

myxoma

2007年放射線科診断専門医試験問題31より引用

左房に石灰化を有する造影効果の乏しい腫瘤あり。左房粘液腫が疑われる所見。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら