非骨化性線維腫(Non-ossifying fibroma:NOF)

  • 線維芽細胞の増生で構成される良性腫瘍で、fibrous cortical defect(FCD)と呼ばれるものと同一疾患。
  • 病的骨折を合併することがある。
  • 2歳以上の男児の約半数、女児の20%にみられるとする報告あり。偶然発見される事が多いため、正しい頻度は不明。
  • 9割が長管骨に生じて、脛骨、大腿骨に多い。他、腓骨、上腕骨、橈骨が続く。
  • 長管骨の皮質、骨幹端に生じ、年齢が高くなるにつれて骨幹部に移動し、消失(骨化)していく。
  • 約8%で多発する。
  • 経過観察を行う。平均2年で自然消退するとされる。

非骨化性線維腫の画像所見

  • 単純X線にて、円形あるいは卵円形を示す辺縁明瞭な骨透亮像として認められ、膨隆性変化と、分葉状の辺縁は硬化しているときとしていないときがある。骨膜反応は認めない
  • X線のみで診断可能であり、生検などの組織診断は必要ない、いわゆるDon’t touch lesionの一つ。
  • MRIでは8割にT2WIにて低信号を示すといわれる。線維組織を反映していると考えられる。

▶︎若年者の長管骨骨幹端に認められる病変の鑑別。

  • 非骨化性線維腫(non-ossifying fibroma)
  • 骨嚢腫(bone cyst)
  • 線維性骨異形成(fibrous dysplasia)
  • ランゲルハンス細胞組織球症
  • 内軟骨腫(enchondroma)

このうち、非骨化性線維腫(non-ossifying fibroma)、骨嚢腫(bone cyst)の頻度が高い。非骨化性線維腫(non-ossifying fibroma)は、骨の中心線からはずれて偏心性に存在する。他のものは比較的中心性に位置する。

症例 15歳男性

Non-ossifying fibroma

右脛骨骨幹端に境界明瞭な透亮像あり。辺縁は骨硬化あり。

T1WIにて淡い高信号、T2WIにて淡い低信号、STIRにて軽度高信号を示している。

非骨化性線維腫を疑う所見。


 

症例 12 歳の男子。サッカーの試合中に右下腿の腫脹と痛みが出現。

Non-ossifying fibroma(2008年放射線科診断専門医試験問題7より引用。)

脛骨遠位の骨幹部に分葉状の骨透亮像を認め、辺縁に骨硬化あり。

T2WIにて内部は底信号を示しており、STIRにその内側に異常な高信号を認めており、病的骨折の合併を示唆する。

非骨化性線維腫を疑う所見。



スポンサーリンク



関連記事はこちら