Sponsored Link

2009年放射線科診断専門医試験解答解説【41-45】

問題原本はこちらからご覧ください。

41の解答:d,e

・注腸透視にて結腸に多数のポリープを認める。またapple core signを認めており、大腸がんを疑う所見。家族性大腸腺腫症を疑う所見。

・爪の異常はCronkhite-Canada 症候群、口唇の色素沈着は、Peutz-Jeghers 症候群

参考)家族性大腸腺腫症、家族性腺腫性ポリポーシスの疫学、症状


 

42の解答:e

・上行結腸内に脂肪成分を含む管腔構造あり。回盲部から連続しているように見える。脂肪腫(cecal lipoma)とすると周囲に造影される壁を有するのが合わない。メッケル憩室の翻転による重積の疑い。

参考)メッケル憩室の画像診断(出血、腸重積)


 

43の解答:a

・上行結腸に粘膜下層の浮腫あり、腸管の3層構造が明瞭となっている。周囲に脂肪織濃度上昇あり。典型的な感染性腸炎が疑われる。

参考)腸管壁の3層構造とは?

Sponsored Link

44の解答:c

・仙骨前、直腸の背側に腫瘤性病変あり。T2WIにて高信号、DWIにても高信号。ADCは提示なし。造影にて軽度造影効果あり。chordomaを疑う所見。

参考)脊索腫の画像診断


45の解答:b

・肝門部を中心に胆管周囲に嚢胞あり。peribiliary cystを疑う所見。

参考)胆管周囲嚢胞の画像診断

2009年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら