Sponsored Link

2009年放射線科診断専門医試験解答解説【26-30】

問題原本はこちらからご覧ください。

26の解答:e

・両側肺野にびまん性のいびつな形の嚢胞性病変あり。

参考)肺好酸球性肉芽腫症の画像診断(Langerhans細胞組織球症)


27の解答:e

・両側肺野に気腫性変化、嚢胞性変化あり。全身性エリテマトーデス以外はこれらの所見を認め得る。


28の解答:a

・baseにHIV陽性あり、CD4 34/μlと低下あり。CTにて両側中枢側優位に気管支血管束に沿ったコンソリデーションあり。小葉中心性の結節もあり。周囲にすりガラス影あり。いわゆる広義リンパ路病変であり、エピソードからもKaposi肉腫が疑われる。

参考)広義リンパ路病変の鑑別診断

Sponsored Link

29の解答:b

・壊死性リンパ節炎、結核腫、小葉中心性の粒状影、空洞形成、浸潤影など結核を疑う所見。

参考)活動性肺結核のCT画像診断


 

30の解答:a

・右上葉にすりガラス影の結節あり。サイズは7-8mm大で境界明瞭。内部に充実部位なし。pure GGO。

肺結節のフォロー
  • 5mm以上の結節の拾い上げをして、1ヶ月後にthin slice CTで精査する。
  • その際に石灰化病変は除外する。
  • 検診で5mm未満のものは1年後スクリーニングCTをすすめる。
    ※ただし、経年検診で新たに出現したものは5mm以下でも精密CTをすすめる。

参考)CTでの肺結節の経時的フォローのまとめ

2009年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら