Sponsored Link

異所性肺石灰化(metastatic calcification)

・高カルシウム血症、慢性腎不全(特に透析患者)、多発性骨髄腫、原発性あるいは二次性副甲状腺機能亢進症、ミルクアルカリ症状群、ビタミンD過剰症、悪性腫瘍の骨転移などに起こる。

正常組織に石灰化が沈着すること。
※栄養障害性石灰化(dystrophic calcification)は代謝異常はなく、腫瘍や壊死の病的組織に石灰沈着すること。

・腎不全の場合、カルシウム代謝異常→二次性副甲状腺機能亢進症→骨吸収や異所性石灰化、アミロイド沈着などを起こす。

・血清Ca×P>75、アルカローシスで発生しやすくなる。

・無症状のことが多いが、進行すると拘束性障害、拡散障害、低酸素血症を来す。

・石灰沈着は、肺、動脈、関節周囲、消化管、目の結膜などに生じる。

・肺の場合、肺胞隔壁、小さな肺血管壁・気管支壁に石灰化沈着を来す。

異所性肺石灰化のCT所見

上葉優位に境界不明瞭な小葉中心性結節をきたし、胸壁の血管に石灰化を伴うことあり。
※上肺に多いのは、換気/血流が高く、結果高炭酸ガス血症になりpHがアルカリに傾いているから。

・基本的に両側だが、片側の場合もあり。

・感染や肺水腫の要素が加わると石灰化の沈着は増強する。

・石灰化のパターンは、

  1. 肺全体、肺尖部、肺底部の多数の小石灰化
  2. びまん性のすりガラス影
  3. 肺炎のように肺葉内に広がるコンソリデーション

の3パターンあり。

・骨シンチにて肺野に集積を認めるのが特徴で、他の疾患との鑑別に使える。

症例 50 歳代の男性。慢性腎不全で加療中。

METASTATIC CALCIFICATION2013年放射線科診断専門医試験問題28より引用。

両側肺にすりガラス影を呈する結節が散見される。慢性腎不全があり、異所性肺石灰化を疑う所見。

Sponsored Link

症例 60歳代男性 人工透析を受けている。

METASTATIC CALCIFICATION(2009年放射線科診断専門医試験問題23より引用)

両側上肺野に淡いすりガラス斑状影あり。また両側上肺野に分葉状の形態を呈する石灰化結節あり。人工透析を受けているというエピソードからも腎不全に伴う異所性肺石灰化が疑われる。

症例 54 歳の女性。慢性腎不全で血液透析中。

METASTATIC CALCIFICATION(2006年放射線科診断専門医試験問題28より引用)

右優位に両側上肺野に淡いすりガラス斑状影あり。骨条件で石灰化を有する事がわかる。人工透析を受けているというエピソードからも腎不全に伴う異所性肺石灰化が疑われる。


症例 56 歳の男性。慢性腎不全のため血液透析中であるが,関節痛あり。

METASTATIC CALCIFICATION2006年放射線科診断専門医試験問題69より引用。

慢性腎不全による続発性副甲状腺機能亢進症を発症し、全身骨への集積亢進や肺や胃、筋肉など軟部組織や異所性石灰化部などへの集積上昇を認める。肺は両側びまん性に集積をしているがこれも異所性石灰化のためと考えられる。また、大腿骨などの関節への集積も異所性石灰化のためと考えられる。ペースメーカーによるアーチファクトあり。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら