Sponsored Link

2009年放射線科診断専門医試験解答解説【21-25】

問題原本はこちらからご覧ください。

21の解答:d

・前縦隔に脂肪を含有する腫瘤性病変あり。成熟型奇形腫を疑う所見。

参考)縦隔成熟嚢胞性奇形腫の画像診断


 

22の解答:d

・両側にびまん性に小葉中心性の淡い粒状影あり。過敏性肺臓炎を疑う所見。

参考)過敏性肺臓炎の画像診断


23の解答:e

・両側上肺野に淡いすりガラス斑状影あり。また両側上肺野に分葉状の形態を呈する石灰化結節あり。人工透析を受けているというエピソードからも腎不全に伴う異所性肺石灰化が疑われる。

参考)異所性肺石灰化のCT画像診断

Sponsored Link

24の解答:e

・左肺門部に粘液栓あり。両側中枢側に気管支壁の肥厚および拡張所見あり。気管支喘息もあり、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症を疑う所見。

参考)肺アスペルギルス症のCT画像診断


25の解答:d

・縦隔リンパ節腫大あり。右上葉に小葉中心性の粒状影あり。またGalaxy signを疑う集簇像あり。サルコイドーシスを疑う所見。

参考)肺サルコイドーシスのCT画像診断

2009年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら