Sponsored Link

問題原本はこちらこちらからご覧ください。

16の解答:c

・尺骨遠位にT2WIにて高信号を呈する軟骨帽を伴う腫瘤あり。骨軟骨腫を疑う所見。

参考)骨軟骨腫の年齢、症状、MRI画像診断


17の解答:e

・場所が足底で特徴的で、T2WIにて著明な低信号を示している。足底線維腫症を疑う所見。

参考)足底線維腫症のMRI画像診断


18の解答:d

・第3中足骨の骨頭に骨効果および圧潰像があり、骨壊死を反映している。Freiberg病を疑う所見。

参考)Freiberg病の画像診断、症状、原因

Sponsored Link

 19の解答:c

・単純X線で関節裂隙の拡大、関節包内部に多数の点状〜斑点状の石灰化が見られており、滑膜性骨軟骨腫症を疑う所見。

参考)滑膜性骨軟骨腫症の画像診断


20の解答:a,e

・肩甲骨関節窩頸部の後面に接する嚢胞性病変あり。傍関節唇嚢胞が疑われる。また棘下筋がSTIRにて異常な高信号を呈しており、肩甲上神経の脱神経が疑われる。

参考)傍関節唇嚢胞による肩甲上神経絞扼症候群のMRI画像診断

2009年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら