2009年放射線科診断専門医試験解答解説【6-10】

問題原本はこちらからご覧ください。

6の解答:d,e→c,d
  • DWIにて両側後頭葉〜頭頂葉に皮質下白質〜皮質を中心に異常な高信号あり。ADCの信号低下を認めている点から細胞性浮腫を疑う所見。血管支配域に沿っておらず、両側性であり静脈性梗塞を疑う所見。

T1で後部内板下に高信号域が見られます。(右内板下にもごく少量あり?)
Shaken babyによるASDHと軸索損傷ではないでしょうか。

ふらふら帝国先生ありがとうございました。


7の解答:e
  • トルコ鞍内にT1WIにて高信号、T2WIにて淡い低信号の腫瘤あり・左側にはやや低い信号が目立つ。造影にて辺縁造影効果ありか。T1WIにて背側に後葉を疑う高信号あり。ラトケ嚢胞を疑う所見。

参考)ラトケ嚢胞の画像診断


8の解答:e
  • 高位円蓋部の脳溝は狭小化あり、シルビウス裂の開大あり。DESHの所見。INPHを疑う所見。

参考)正常圧水頭症の画像診断

9の解答:c
  • DA pattern(硬膜優位)の硬膜肥厚を認める。頭痛という症状からも低髄圧症を疑う所見。

参考)低髄液圧症候群の画像診断


10の解答:e
  • 造影にて左側頭葉に索状の造影効果を有する部位あり。AVFか。

参考)硬膜動静脈瘻の画像診断

2009年トップに戻る。

 



関連記事はこちら