2010年放射線科診断専門医試験解答解説【71-75】

問題原本はこちらからご覧ください。

71の解答:c

・唾液腺にFDG PETおよび唾液腺シンチにて異常集積あり。ワルチン腫瘍を疑う所見。

  • FDG PETで唾液腺に異常集積:多形腺腫、ワルチン腫瘍、神経鞘腫、悪性腫瘍など
  • 唾液腺シンチで唾液腺に異常集積:ワルチン腫瘍、オンコサイトーマ

参考)ワルチン腫瘍の画像診断


72の解答:e

・高カルシウム血症への骨シンチで、びまん性の骨への集積の亢進を認め、腎臓の描出を認めていない(absent kidney sign)。副甲状腺機能亢進症が疑われる。

参考)骨シンチグラフィによる骨転移の診断(Bone scan)


 

73の解答:c

・骨シンチにて肋骨の長軸に沿った異常な集積が散見される。転移性骨腫瘍を疑う所見。

参考)骨シンチグラフィによる骨転移の診断(Bone scan)

74の解答:a

・レントゲンにて、骨盤右側に骨硬化像あり。骨シンチグラムでは骨盤右側に著明な集積亢進あり。Paget病を疑う所見。

・骨Paget病では病変部に強い集積増加を認める。CTやレントゲンでは、骨皮質の肥厚や変形を伴うのが特徴。放射線科診断専門医2013年13番の類題。


 

75の解答:b

・肋骨や長管骨には著明な集積は認めない。

・90Y-ibritumomab tiuxetan の治療適応となる生体分布。

2010年トップへ戻る。



関連記事はこちら