2010年放射線科診断専門医試験解答解説【66-70】

問題原本はこちらからご覧ください。

66の解答:c

・甲状腺機能亢進症があり、123I甲状腺シンチにて甲状腺右葉に異常集積を有する腫瘤あり。Plummer病を疑う所見。

・123Iによる集積亢進で悪性は極めてまれ。

・甲状腺機能亢進により、TSHは低下すると考えられる。

参考)甲状腺中毒症の鑑別


67の解答:b

・123I-MIBGシンチにて、右の副腎と思われる部位に異常集積あり。褐色細胞腫を疑う所見である。

参考)褐色細胞腫の画像診断


68の解答:d

・Gaシンチにて両側の肺および肺門にびまん性に集積亢進あり。また、右鎖骨窩、脾、唾液腺への集積が亢進あり。サルコイドーシスを疑う所見。

参考)ガリウムシンチグラフィの画像診断

69の解答:b

・ガリウムシンチにて頸部に左右対称なハート形の著明な集積を認める。

・ガリウムシンチは腫瘍では、悪性リンパ腫の他、甲状腺未分化癌、悪性黒色腫、肺癌、頭頸部癌で集積する。未分化ほど集積する。

・濾胞癌のような分化型の甲状腺癌には集積しない。

参考)ガリウムシンチグラフィの画像診断


70の解答:e

・FDG PETの常に集積するのは脳、肝臓、腎臓、膀胱。

・扁桃、唾液腺、声門、心筋、乳腺、消化管、精巣、子宮、卵巣、骨格筋への集積はばらつきがあり。

・甲状腺には生理的な集積を認めない。

参考)FDGの生理的集積と各種腫瘍への集積と注意点(各論)

2010年トップへ戻る。

 

 

 

 



関連記事はこちら