卵巣線維腫・莢膜細胞腫

  • 性索間質性腫瘍に分類される良性腫瘍で、卵巣原発の良性充実性腫瘍として最多
  • 組織織学的に混在も多く、時に組織学的には鑑別が困難で、線維莢膜細胞腫(fibrothecoma)と診断されることがある。
  • 線維腫は中年女性(平均48歳)、莢膜細胞腫は閉経後(平均59歳)に生じる。
  • 大部分は片側性。両側性は1%と稀。
  • 一般的に無症状で婦人科検診で発見される事が多い。
  • 基底細胞母斑症候群に合併する場合は両側性(線維腫)。
  • 莢膜細胞腫はしばしばエストロゲン活性を示し、閉経後では不正性器出血をきたす。

卵巣線維腫・莢膜細胞腫の画像所見

  • 豊富な線維成分のため、T2強調画像にて低信号を呈するのが特徴的。
  • 病変が大きくなると、浮腫や嚢胞変性によりT2強調画像にて信号上昇をみる。
  • 3割は3cm未満だが15cm以上の巨大なものも報告あり。
  • 石灰化や出血は稀。
  • 漸増する淡い造影効果を呈することが多い(乏血性)。
  • 莢膜細胞腫はエストロゲン刺激により、年齢不相応な子宮の腫大や内膜の肥厚を認める。
  • 莢膜細胞腫の脂肪の検出にはChemical shift imagingが有用との報告もあるが実際には稀。
  • 腹水貯留を10-15%に伴う。大きいものほど腹水を伴いやすい。胸水も伴う場合はMeigs症候群と呼ばれる。
▶︎症例 50歳代女性 健診で骨盤内腫瘤を指摘された。

fibroma

T1WIおよびT2WIにて低信号を示し、造影効果が弱い腫瘤。卵巣線維腫を疑う所見。(放射線科診断専門医試験問題2010年60番より引用)

線維腫に関する病態

  • Meigs症候群:線維腫の1%に合併。腫瘍の摘出により消失する胸腹水。
  • 基底細胞母斑症候群(Gorlin症候群)

※基底細胞母斑症候群(Gorlin症候群)は、遺伝性疾患で、基底細胞癌や下顎骨角化嚢胞、硬膜の石灰化などを伴う。



関連記事はこちら