異所性子宮内膜症

  • 子宮内膜症とは、子宮腔以外の場所で、子宮内膜様組織が発生し、疼痛、不妊などを起こす疾患。
  • 最も有名なのが卵巣であり、内膜症性嚢胞やチョコレート嚢胞と言われる。
  • 他、骨盤内膜症と呼ばれる、骨盤腹膜に生じることもあり、骨盤臓器の癒着を伴うことがある。
  • 他、消化管や尿路に生じることがある。これらはいずれも腹腔内である。
  • 極めてまれに、腹腔外に生じることがある。中でも有名なのは、に生じて続発性の気胸を生じるもの。他には、横隔膜、脳、末梢神経や皮膚や皮下に生じる。
  • 皮膚や皮下では、腹壁瘢痕、臍、鼠径部、外陰部に認められる。
  • 女性の臍部の腫瘍の3-4割が臍部に生じた異所性内膜症と言われる。
  • 画像では、MRIにてT1WIおよび脂肪抑制T1WIにて高信号、T2WIにてヘモジデリンを示唆する低信号が特徴的だが、小さなものは分かりにくい。
症例  30 歳代の女性。下腹部痛を主訴に来院し精査となった。

heterotopic-endometriosis

2016年放射線科診断専門医試験問題58より引用。

膀胱頂部の頭側に腫瘤影あり。脂肪抑制T1WIで一部高信号あり。造影効果は一部のみ。膀胱(異所性)子宮内膜症の疑い。

膀胱子宮内膜症
  • 膀胱内腔に腫瘤あり。あたかも膀胱腫瘍のよう。浸潤性の腫瘍のように見えることも。
  • 脂肪抑制T1WIで点状高信号が見られるのが特徴。
  • 骨盤内膜症の所見が同時に存在することがある。
  • 子宮膀胱窩の閉塞を伴うことが多い。
症例 40歳代女性 下腹部正中に痛み。痛みは数年前からあり、数日で自然軽快を繰り返す。

heterotopic endometriosis

(放射線科診断専門医試験問題2010年58番より引用)

腹壁正中皮下に脂肪抑制T1WIにて高信号を呈する部位あり。出血が疑われ、数年前から痛みあり、数日で自然軽快するというエピソードから異所性子宮内膜症が疑われる。

月経随伴性気胸(Catamenial pneumothorax)

  • 月経周期に一致する繰り返す気胸。
  • 生殖可能年内の女性の右気胸、特に再発例ではこの疾患を疑う。
  • 圧倒的に右に多い。
  • 横隔膜の異所性子宮内膜の穿孔を介して、経膣的に腹腔内に入ったairが胸腔内に移動するためという説あり。
  • 胸腔鏡にて横隔膜のブルーベリー斑を認める。
  • 治療は外科的治療。


スポンサーリンク



関連記事はこちら