Sponsored Link

2010年放射線科診断専門医試験解答解説【56-60】

問題原本はこちらからご覧ください。

56の解答:a,c

・膀胱頂部に造影効果を有する不整な壁肥厚あり。周囲への進展が疑われる。MRI T2WIの矢状断では尿膜管に沿った進展を示しており、膀胱癌もしくは尿膜管癌が疑われる。

・膀胱癌の9割は尿路上皮癌、一方尿膜管癌は腺癌が多い。

参考)尿膜管癌の画像診断


57の解答:d

・子宮内腔は脂肪抑制T2WIにて淡い高信号を示す腫瘤で充満しており、体部後壁のjunctional zoneの断裂あり。体部筋層浸潤が疑われる所見。


 

58の解答:b,d

・腹壁正中皮下に脂肪抑制T1WIにて高信号を呈する部位あり。出血が疑われ、数年前から痛みあり、数日で自然軽快するというエピソードから異所性子宮内膜症が疑われる。治療はまず薬物療法。

・脂肪抑制T1WIの矢状断にて子宮前壁に低信号の索状構造あり、帝王切開後が示唆される。

参考)異所性子宮内膜症の画像診断

Sponsored Link

59の解答:a,c

・子宮背側にT1WIにて高信号を示し、壁在結節を疑う結節複数あり。内膜症性嚢胞の妊娠による脱落膜化が疑われる。

参考)内膜症性嚢胞で壁在結節をみたときの鑑別診断


 

60の解答:b

・T1WIおよびT2WIにて低信号を示し、造影効果が弱い腫瘤。卵巣線維腫を疑う所見。

参考)T2WIで低信号を呈しうる卵巣腫瘍の鑑別診断

2010年トップへ戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら