Sponsored Link

壊死性腸炎(NEC:necrotizing enterocolitis)

  • 出生体重2500g以下の未熟児、妊娠週数37週未満の早期産児に多い。
  • 出生体重1500g以下の10%に認め、心奇形を持つ満期産児の10%に認める。
  • 出生後3-4日の発症が多い。90%が生後14日以内。
  • 危険因子は、未熟児、低出生体重児、周産期の仮死、消化管閉塞、動脈管開存症(PDA)、インドメタシン(indomethacin)の投与
  • 血便、下血、下痢、腹部膨満、胆汁性嘔吐、無呼吸、敗血症などの症状がある。
  • 急速に進行し腸管穿孔(4-7割)を起こし、腹膜炎に至る。診断や治療の遅れは致死的
  • 原因は多彩で、早期破水、子癇前症、糖尿病、多胎、早期授乳開始など。
  • 腸管壁の血流が低下→腸管虚血→粘膜バリアの破綻→細菌と空気の壁への侵入が起こる。
  • 発生部位は遠位回腸と上行結腸が多い。
  • 腸管穿孔は生後36時間以内に起こることが最も多い。回盲部が多い。
  • 単純X線像で、限局性の腸管拡張、腸管壁内ガス像(gas in the intestinal sign)および、門脈内ガス像、気腹を見る。(新生児では腸管壁内ガスは壊死性腸炎を意味する)
  • 消化管穿孔が生じても、単純X 線でfree airが認められるのは2/3のみ。1/3に腹水あり。臥位の腹部単純X線で、football sign(周囲に空気が入ることにより肝鎌状靭帯が描出される)、Rigler sign(腸管の内外の空気により辺縁が描出される)を認める。
症例 生後 7 日の新生児。満期産人工栄養。腹部膨満と嘔吐

NECROTIZING ENTEROCOLITIS

2012年放射線科診断専門医試験問題41より引用。

腸管壁内にガスを認める。壊死性腸炎を疑う所見。

 

症例 生後1週間の新生児。嘔吐と腹部膨満。

NECROTIZING ENTEROCOLITIS(放射線科診断専門医試験問題2010年31番より引用。)

腸管壁内にガスを認める。壊死性腸炎を疑う所見。

・治療法は、授乳の禁止、抗生物質の投与を行う。ただし、穿孔が起こった場合は外科的治療が必須。

新生児の消化管穿孔の基礎疾患
  • 壊死性腸炎
  • 消化管閉鎖(Hirschsprung病、胎便性イレウス)
  • 限局性腸管穿孔(虫垂、Meckel憩室)
  • 特発性胃穿孔
  • 中腸軸捻転
  • 潰瘍
  • 経鼻胃管留置後の穿孔
消化管出血の原因
  • 新生児:壊死性腸炎、感染、腸炎
  • 幼児:ストレス潰瘍、Meckel憩室、腸重積
  • 児童:若年性ポリープ、炎症性腸疾患(IBD)
嘔吐をきたす疾患
  • 新生児、乳児:先天性消化管閉鎖/狭窄、壊死性腸炎
  • 幼児:腸重積、胃石
  • 児童:内ヘルニア、虫垂炎

Sponsored Link

 

関連記事はこちら