Sponsored Link

未分化胚細胞腫

・悪性未分化胚細胞腫。

・卵巣に発生する悪性腫瘍の3-5%の稀な腫瘍。

・成熟嚢胞性奇形腫を除くと、胚細胞腫瘍で最も高頻度(40%前後)。悪性の胚細胞腫瘍では最多(ついでyolk sac tumor)。

Sponsored Link

・20-30代に好発。

・10-15%は両側性に発生。

・症状は、腹痛、腹部腫瘤、捻転、出血、破裂、不正出血、発熱など。

・悪性で覚えておくべき胚細胞腫瘍は、ディスジャーミノーマ(未分化胚細胞腫)、卵黄嚢腫瘍(yolk sac tumor)、未熟奇形腫(G3)。

・LDH、ALP、hCGの上昇を認めるが、特異的な腫瘍マーカーはない。(参考 AFP:卵黄嚢腫瘍、胎児性癌、未熟奇形腫、hCG:絨毛癌)

・肉眼像: 分葉状充実性腫瘍、貝柱状

・多彩な組織像: シート状増殖、two cell pattern、大型異型細胞+小型成熟リンパ球。

・同様腫瘍が部位により名称が異なる。精巣ではseminoma脳、胸腺、後腹膜ではgerminoma と同義。

・放射線や化学療法への感受性が高く、予後は比較的良好。

・リンパ節転移陽性例では、骨盤腔および傍大動脈リンパ節に25-30Gy/3-4週を照射。

画像所見

・充実性腫瘍。しばしば巨大な腫瘤を形成する。

・表面分葉状、T2WIで低信号で造影早期に濃染される線維性隔壁に境され、多結節状を呈する。

・一部に血管のflow voidを伴う。

・リンパ節転移の頻度が高い。

・嚢胞・石灰化を伴うこともあるが稀。

・大きさの割に出血、壊死傾向に乏しい。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら