Sponsored Link

腎結核

  • 肺・骨・消化管など他臓器の初発結核巣から腎への血行性感染で生じる。
  • 肺結核からの血行性播種性転移が最多。ただし、同時期に活動性肺結核を有するものは5%と少ない
  • 肺結核の肺外病変として腎結核は15-20%と最多
  • 症状は、乏尿、排尿困難、血尿、腹痛などさまざま。
  • 片側の腎に発症することが多い。
  • 皮髄境界に乾酪壊死巣、空洞を形成、癒合拡大を示す。
  • 漏斗部に瘢痕収縮による狭窄を生じると腎杯の拡張を来す。腎盂拡張のない病変部腎杯の拡張が特徴的。

腎結核のCT画像診断

  • 画像では、初期には所見に乏しい。
  • 初期は腎の大きさは正常で、腎盂の表面に軽度の不整がみられる程度。
  • 肉芽腫が低吸収域としてみられるようになり、単発・多発腫瘤を形成。石灰化と乾酪壊死を認めるようになる。
  • さらに進行すると、皮質の不整、菲薄化、萎縮が起こり、最終的には、腎全体に実質の破壊を生じ腎の著明な萎縮、石灰化をきたし、いわゆる漆喰腎となる。

※腎石灰化は、皮質、髄質の石灰化に分けて考えるのがポイントだが、腎結核では腎皮質に石灰化を生じる。

  • 排池性尿路造影の腎乳頭の不整な虫食い像。
  • 腎杯頚部の狭窄を生じると、 腎盂拡張を伴わない腎杯拡張。
症例 70歳代女性 漆喰腎

mortar kidney

動画で学ぶ漆喰腎

Sponsored Link

 

関連記事はこちら