副甲状腺シンチ

  • 原発性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺病変の局在診断には、主に超音波検査と99mTc-MIBIシンチグラフィが用いられる。
  • 原発性副甲状腺機能亢進症において、単発腺腫の診断の感度は、超音波が72-89%、SPECTを用いた99mTc-MIBIシンチグラフィが68-95%と報告されている。
  • 副甲状腺シンチグラフィには、99mTc-hexakis-2-methoxy-2-methylpropyl-isonitrile(MIBI)が用いられる。
  • 99mTc-MIBI はミトコンドリアに集積する薬剤で、Tlと同様に心筋用に開発されたが、副甲状腺腺腫に対しても保険適応となった。
  • MIBI(10-20mCi(370-740MBq))を静脈内投与後5-10分後の早期相(early)と、2-3時間後の遅延相(delay)の撮影がされる。
  • 過機能副甲状腺の検出が目的。
  • 早期相では、MIBIは甲状腺にも集積を認めるが、甲状腺はwashoutが副甲状腺よりも早いため、遅延相では、過機能副甲状腺のみが描出(集積が残存する)される。
  • 特に、縦隔などの異所性の副甲状腺機能亢進を示す副甲状腺に対しては、全身を見ることができるシンチグラフィが優れる。
  • 原発性副甲状腺機能亢進症の多くは1腺の腺腫であるが、続発性(二次性)の場合は、複数の腺に過形成が見られる。
 症例 正常例

mibi

delayで副甲状腺に集積の残存はない。

正常例です。

症例 60 歳代の女性。99mTc-MIBI 投与。

Parathyroid adenoma2011年放射線科診断専門医試験問題71より引用

甲状腺左葉の下極よりに後期像で副甲状腺に集積が残っており、副甲状腺腺腫を疑う所見。

症例 50代男性 副甲状腺機能亢進症

parathyroid1

MIBIシンチ

parathyroid2

症例 50歳代女性 副甲状腺機能亢進あり。

99mTc-MIBI SPECT

MIBIシンチのSPECT画像です。

甲状腺左葉上極に集積あり。副甲状腺腫を疑う所見です。

症例 70 歳代の女性。血清 ALP 値と Ca 値の上昇がみられた。

mibi(2008年放射線科診断専門医試験問題66より引用。)

甲状腺右葉の下部外側に早期像で腫瘤状の集積が認められ、甲状腺はwashoutされているなか遅延像でも集積が残存している。副甲状腺腺腫を疑う所見。

症例 40 歳台の女性。全身倦怠感を主訴に来院した。高 Ca 血症を認める。

MEN type1

(2009年放射線科診断専門医試験問題66より引用)

MIBIシンチにて左頸部に異常集積あり。また、造影CTにて膵体部に多血性腫瘤を認めており、これらから、副甲状腺腫+膵内分泌腫瘍の合併である、MEN type1の疑い。

高Ca血症を認めている点も、副甲状腺腫を示唆する。

症例 60 歳代の男性。高Ca血症、低P血症あり。

MIBI2012年放射線科診断専門医試験問題72より引用。

縦隔に集積あり。

後期像でも集積が残っている点から異所性副甲状腺腫の疑い。



関連記事はこちら