Sponsored Link

腎血管性高血圧の原因と狭窄部位(FMD:fibromuscular dysplasia)

・腎動脈狭窄によりレニン分泌が亢進することにより、アンジオテンシンⅠ→アンジオテンシンⅡ→二次性高血圧の原因となる。

Sponsored Link

・発生頻度は1%以下。若年性高血圧の3%程度。血漿レニン活性の高い症例などには精査を進めていく。

・原因としては動脈硬化が2/3線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)が1/3

・ほか、高安病や、神経線維腫症、腫瘤による圧排、その他の動脈炎が原因となる。

動脈硬化の場合は、本幹近位部の1/3に見られる。50歳以降の男性に多い。

線維筋性異形成の場合は、本幹遠位部1/3に見られる。数珠状狭窄を認める。20-30歳代の女性に多い。

・診断はドップラー超音波、CTA、MRAにて行う。

・治療はバルーンカテーテル、ステントによる経皮的血管形成術(PTA)を行う。

 線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)

・原因は不明。

・内膜線維増殖(intimal fibroplasia)、中膜線維増殖(medial fibroplasia)、外膜下過増殖(subadventitial hyperplasia)の3つに分類される。

・小児および若年成人の、腎血管性高血圧の原因として最多。

・女性に多い。

・無症状の事が多い。

・腎動脈、頸動脈、椎骨動脈などに狭窄を起こす。

最も多いのは中膜型で、腎動脈の中央〜遠位に数珠状狭窄をきたす。両側性が多い。

・治療はPTA。根治的効果が期待できる。

症例 50 歳代の女性。高血圧の精査。

fibromuscular dysplasia2014年放射線科診断専門医試験問題59より引用。

腎動脈の近位には狭窄がないが、遠位側には数珠状の狭窄あり。線維筋異形成(FMD:fibromuscular dysplasia)を疑う所見

 

症例 20歳代女性 高血圧の精査。

fibromuscular dysplasia(放射線科診断専門医試験問題2010年39番より引用)

腎動脈造影にて、腎動脈遠位 2/3 に数珠状狭窄あり。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら