Sponsored Link

会陰部の嚢胞性病変

・会陰部の嚢胞性病変には、Bartholin腺嚢胞Skene腺嚢胞Gartner管嚢胞がある。他、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺がある。

115531fig09
Bartholin腺嚢胞、Skene腺嚢胞、Gartner管嚢胞

Radiographics2011;31: 1583–98.より引用

Bartholin腺嚢胞

・膣口近傍から発生。男性の尿道球部に相当。

・導管が炎症などにより閉塞すると貯留嚢胞を形成。

・粘液産生細胞からなる。

・外陰部の嚢胞としては最多。

・大陰唇の後半部で前庭球の後方にあり、小陰唇の内側に開口する。

・嚢胞の大きさは1-4cm。

・嚢胞は境界明瞭、内部は高い淡白濃度を反映して、T1WIおよびT2WIにて高信号を呈する事が多い。

・感染を伴うことあり、その場合は膿瘍と同様の信号を呈する。

・稀にBartholin腺癌が発生する。

・膿瘍形成を反復したり、膣口に閉塞するものはope対象。

Skene腺嚢胞

・外尿道口外側から発生する。男性の前立腺に相当するのがskene腺。

・性的興奮時に分泌物を排出する器官。

・良性で無症状が多い。

・尿道憩室を生じることあり。

・尿閉や排尿障害を生じると治療対象。

・治療は通常抗生物質。摘出術や開窓術を行うこともある。

症例 20歳代女性

Skene

Gartner管嚢胞

・膣壁、子宮頸部、あるいは広間膜に見られる中腎由来のWolff管の遺残。

・膣の前外側壁(膣円蓋から膣下1/3)から発生する。

・極めて稀。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら