Sponsored Link

問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

31,

31の解答:e

・右胸膜の厚い石灰化あり。それに連続して、胸壁および胸腔内〜肺実質にかけて軽度造影効果を有する腫瘤影あり。結核性膿胸に合併した悪性リンパ腫を疑う所見。

参考)膿胸関連悪性リンパ腫の画像診断


 

32,

32の解答:d?

・肋骨骨折、気胸あり。左上葉にはconsolidationの広がりあり。縦隔血腫あり?

参考)胸部大動脈損傷の画像診断


 

33,

33の解答:a,e

senmoni21・左房と右房の連続あり。→心房中隔欠損。
・上大静脈へ流入する血管あり。おそらく肺静脈。→部分肺静脈還流異常。

・部分肺静脈還流異常の20-25%に心房中隔欠損の合併あり。

Sponsored Link

34,

34の解答:e

・右室の拡大あり。また壁の菲薄化あり。右室壁内に低吸収のモロモロあり→右室壁内脂肪沈着。

不整脈源性右室心筋症

・右室の心筋が脂肪あるいは線維組織に進行性に置き換わっていく原因不明の心筋症。

・右室原発のVfにより、動悸やめまい、失神で発症。突然死の原因となる。

・発生頻度は5000人に1人。

・男女比は3:1。

・画像所見は、右室の拡張・菲薄化、右室心筋内の脂肪組織、右室自由壁のscalloping

参考)この画像を見たらほぼ決まり P88-89


 

35,

35の解答:b,c?

2014年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら