Sponsored Link

問題原本はこちら(日本医学放射線学会)を参照ください。

26,

26の解答:b

・小葉中心性の淡い結節影が両側びまん性にあり。aやeの可能性もゼロではないが、分布は小葉中心性であり、またエピソード(7月、1ヶ月前から)からも過敏性肺臓炎が最も疑わしい。

参考)過敏性肺臓炎の画像診断


 

27,

27の解答:e?

参考)急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の画像診断


 

28,

28の解答:b

参考)
crazy-paving pattern/appearanceとは?

Sponsored Link

29,

29の解答:b

・両側上肺野優位に境界明瞭な多発結節あり。

参考)
珪肺(silicosis)の画像診断


 

30,

30の解答:e

・急性好酸球性肺炎はほとんどの症例で2週間以内に喫煙を開始した既往あり。

AEPの画像所見

・CEPと異なりランダムに分布。肺の内層優位に分布する。

びまん性すりガラス影広義間質肥厚(小葉間隔壁の肥厚。気管支血管束の肥厚)が特徴。これに加え、結節影や小粒状影を伴うことが多い。

 参考)急性好酸球性肺炎の画像診断

2014年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら