軟骨芽細胞腫(chondroblastoma)

骨端部に好発する稀な良性腫瘍。他、骨端部に発生する腫瘍としては、骨巨細胞腫が有名。
※骨巨細胞腫との鑑別は年齢および、辺縁が明瞭である点。

・軟骨芽細胞の増生を示す。多核巨細胞および軟骨基質を含む。

・5-25歳代に多い。

・男女比は2:1で男性に多い。

・多発性は10%。

・大腿骨、脛骨、上腕骨近位部、手根骨、足根骨に多い。

・関節痛で発症することが多い。

画像所見

・単純X線で、骨端に硬化縁を伴う類円形の透亮像(地図状の骨破壊像)として見られる。

・骨膜反応を示すことはあるが、悪性腫瘍のような不整な像ではない。

・石灰化は25%程度の症例で見られる。小点状の石灰化像を示す。

・MRIでは、腫瘍はT1WI低信号、T2WI低信号〜高信号(軟骨成分を反映)の不均一な信号。嚢胞変性を伴うことあり。二次的なaneurysmal bone cystを伴うことあり。またfluid-fluid levelを認めることもある。

周囲にはSTIRや脂肪抑制T2WIで高信号を示す反応性浮腫を伴うことあり。この変化は骨端線を超えることあり。

・骨シンチで集積をきたす。

症例 10 歳前半の男子。右膝痛。

chondroblastoma2014年放射線科診断専門医試験問題11より引用。

右の脛骨の骨端に嚢胞変性あり。嚢胞周囲には脂肪抑制T2WIにて異常な高信号域を認めており、軟骨芽細胞腫を疑う所見。

 

症例 15 歳の男子。右肩痛が 1 カ月以上にわたって持続。

chondroblastoma1

2010年放射線科診断専門医7の問題より引用。

上腕骨骨端に嚢胞変性あり。嚢胞周囲には脂肪抑制T2WIにて異常な高信号域を認めており、軟骨芽細胞腫を疑う所見。
周囲にSTIRや脂肪抑制T2WIで高信号を示す良性病変

・軟骨芽細胞腫
・類骨骨腫
・好酸球性肉芽腫症
・疲労骨折

腫瘤内部にfluid-fluid levelを伴った嚢胞性病変の鑑別

・軟骨芽細胞腫
・骨巨細胞腫
・動脈瘤様骨嚢腫
・骨折を伴った骨嚢腫
・血管腫

骨シンチで集積増加を示す良性腫瘍

・骨巨細胞腫
・線維性骨異形成
・骨線維性異形成
・軟骨芽細胞腫
・類骨骨腫



スポンサーリンク



関連記事はこちら