Sponsored Link

問題原本はこちらからご覧ください。

1,

1,の解答:c,e

・a:地磁気は約46,000nT=46μT=0.046mT。

・b:ケミカルシフトアーチファクトは磁場が大きいほど大きい。

・e:立ち入り制限区域=漏洩磁場は 0.5 mT 以内。

漏洩磁場強度が0.5mTを超えないような立ち入り制限区域をMR装置周辺に設定し、警告を表示する。(日本医学放射線学会「放射線診療事故防止のための指針Ver.4」より引用)

chemical shift artifactが強くなる条件

静磁場強度が大きい
・ピクセル当たりのバンド幅が狭い。
・ピクセルが大きい。

クエンチ

・液体ヘリウムが温まると気化(蒸発)が起こる。これをクエンチという。

・強制排気が作動する安全装置が作動し、部屋の外に排出される。

・ただし、この強制排気システムに故障が起こると、酸欠状態になるため、なるべく早く換気をして、患者を検査室外へ誘導する。

第二次水準管理操作モード

一つ又は複数の出力が患者に重大なリスク(危険)を与える可能性のある値に達し,明確な倫理的承認を必要とするMR 装置の操作モード。http://www.baic.jp/reference/pdf/s1_overview.pdfより引用。


 

2,

2,の解答:e

e:グリッドを使うと被ばく量は増える。被ばく低減のためにグリッドをはずすことあり。


 

3,

3,の解答:d

・a:超音波は圧電素子(PZT:チタン酸ジルコン鉛など)に電圧をかけることにより発生する。

・b:距離分解能は、超音波ビームの進行方向に沿って前後に存在する2点を識別する能力。周波数が高いほど良くなる。一方、方位分解能は超音波ビームの進行方向に垂直に並んだ2点を識別する能力で、超音波のビームパターンに関連する。

・c:振動数が大きいと到達距離が短くなる。

・d:音速は温度によるので一定。

Sponsored Link

4,

4,の解答:e

 

5,

5,の解答:a

2014年問題のトップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら