Sponsored Link

アミオダロン肺

  • アミオダロンは抗不整脈薬の1つ。抗体不整脈薬による薬剤性肺炎の報告はアミオダロンが多い。Na,K,Caチャネル遮断作用に加えてβ受容体遮断作用を併せ持つ複雑な薬物。
  • 上室性/心室性を問わず頻拍性不整脈に対する第1選択。
  • アミオダロン肺はアミオダロン使用後、数日〜10年以上までいつでも発症のリスクあり。
  • 使用患者の20%程度に認められ、死亡率は10-20%と高い。
  • 組織学的所見は、DAD/AIP、NSIP、器質化肺炎。

関連記事)アミオダロン肝のCT画像診断

アミオダロン肺の画像所見

  • 基本的にびまん性だが、下肺優位という記載が多い。
  • 間質性肺炎、肺線維症、肺胞炎、肺胞出血を来す。
  • すりガラス状陰影、限局あるいはびまん性のコンソリデーション、網状陰影
  • ヨードを多く含むため、肺病変は高吸収を呈することがあるが頻度は高くない。
症例 70歳代女性 アミオダロン常用

amio1 amio2

両側にモザイク状のすりガラス影あり。アミオダロン肺を疑う所見。

症例 50 歳代の男性。血痰を主訴に来院した。拡張型心筋症および不整脈の治療中。

amiodarone lung liver2013年放射線科診断専門医試験問題27より引用。

右下葉に斑状のコンソリデーションおよび周囲にすりガラス影あり。肝臓の濃度は上昇しており、アミオダロン肺およびアミオダロン肝を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら