Sponsored Link

アミオダロン肝(amiodarone-induced liver damage)

  • アミオダロンは抗不整脈薬の1つ。Na,K,Caチャネル遮断作用に加えてβ受容体遮断作用を併せ持つ複雑な薬物。上室性/心室性を問わず頻拍性不整脈に対する第1選択。
  • 非常に高い脂溶性と分布容積の大きさのため”amiodaronization”とも呼ばれる煩雑な投与手順が必要。
  • 主として、脂肪組織、肺、膵、肝、心、腎などに蓄積される。
  • アミオダロンはヨードを含有しているため、肝に溜まると高吸収を呈する。
  • また脂肪肝炎を起こすことがあるが、この場合吸収値を下げるため、画像上は指摘困難。

関連記事)アミオダロン肺のCT画像診断

症例 60歳代女性 アミオダロン常用

amiodarone-induced liver damage CT findings

肝臓はびまん性の高吸収を認めています。

CT値は平均100HUと高値を認めており、アミオダロン服用からアミオダロン肝を疑う所見です。

症例 70歳代女性 アミオダロン常用

amyo

肝臓はびまん性の高吸収を認めています。

CT値は平均101HUと高値を認めており、アミオダロン服用からアミオダロン肝を疑う所見です。

症例 60 歳代の男性。虚血性心筋症による心不全および不整脈の治療中。

薬剤性肝障害が考えられたため投与中の薬剤が中止された。中止後 3 か月の腹部単純 CT も示す。

amiodarone2014年放射線科診断専門医試験問題53より引用。

肝にびまん性高吸収あり。心不全および不整脈治療中とのことで、アミオダロン肝を疑う所見。

参考)肝胆膵の画像診断 P254-255

Sponsored Link

 

関連記事はこちら