Sponsored Link

腹部内臓動脈瘤

  • 腹部大動脈より分岐する血管もしくはその分枝の異常拡張。
  • 破裂の頻度は20%、破裂時の致死率は10〜30%。
  • 破裂時以外は症状に乏しい。

腹部内臓動脈瘤の分類

真性動脈瘤:動脈の外膜が保たれている。
  • 動脈硬化
  • 先天性動脈瘤
  • 血流依存性(門脈圧亢進、腹腔動脈狭窄)
仮性動脈瘤:外膜が破れ、周囲に血液が漏れた状態。出血性ショックの危険あり。

腹部内臓動脈瘤の発生頻度

  • 脾動脈(60%)>>肝動脈(20%)>上腸間膜動脈、腹腔動脈、胃および胃大網動脈(それぞれ5%)、空腸結腸動脈、膵十二指腸動脈、胃十二指腸動脈、下腸間膜動脈。
  • 破裂の頻度は、肝動脈膵十二指腸動脈(膵十二指腸動脈アーケード)>上腸間膜動脈>>脾動脈。
症例 50 歳代の男性。慢性膵炎と膵仮性囊胞で経過観察中に下血。

GDA aneurysm rupture2012年放射線科診断専門医試験問題61より引用。

胃十二指腸動脈瘤(GDA)動脈瘤の破裂。GDAの塞栓には、下膵十二指腸のアーケードの発達の確認が必要なので、SMA造影は必要。真性動脈瘤なら、packingであるが、仮性動脈瘤は組織間に形成された間に血液があって瘤のように見えているだけなので前後のGDAをしっかり塞栓するしかない。packingでは全く無効。

治療適応

  • 仮性動脈瘤は絶対的治療適応となる。
  • サイズが重要:瘤径が20mm以上のとき。ただし、腎動脈瘤は15mm以上。
  • また、膵十二指腸動脈アーケードはサイズによらず適応。
  • 壁在血栓、壁の石灰化なども考慮される。

Sponsored Link

症例 60 歳代の男性。労作時に胸部から上腹部に電撃痛。膵炎の既往あり。

Arcade2012年放射線科診断専門医試験問題62より引用。

単純CTで高吸収あり、早期動脈相でextravasationと思われる像あり。膵十二指腸動脈アーケードの仮性動脈瘤の破裂と思われる。

症例 75 歳の女性。人間ドックの超音波検査で腹部異常を指摘された。

renal artery aneurysm2007年放射線科診断専門医試験問題42より引用

左腎門部付近に全体が石灰化を示す動脈瘤(真性動脈瘤)あり。サイズは小さく、治療対象外。経過観察でよい。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら