Sponsored Link

頭蓋骨骨腫(skull osteoma)

  • 最も頻度の高い良性の骨腫瘍。
  • 緩やかな発育を示す良性腫瘍で成熟骨から発生する。
  • 通常外板に由来する。
  • 板間層を侵すことは稀。
  • 円形のivory-like densityと呼ばれる均一な緻密骨濃度で内部構造を伴わないことが多い。
  • 副鼻腔では8割が前頭洞、2割が篩骨洞に発生。
  • 多発性骨腫ではGardner症候群を考慮。

画像所見

  • CTでは骨硬化像として認める。
  • MRIではT1WI、T2WIともに低信号を呈する。
  • 内板由来のものは、石灰化髄膜腫に類似。ただし石灰化髄膜腫と比較して造影される部位は少ない。
症例 80歳代男性

skull osteoma

右側頭部に外板より突出する骨硬化あり。T1WI及びT2WIにていずれも低信号を示す。骨腫(osteoma)を疑う所見。

症例 70歳代男性

osteoma-of-the-skull

右側頭部に外板より突出する骨硬化あり。骨腫(osteoma)を疑う所見。

T2強調像で病変全体が低信号を示すことがある病変

  • 嚢胞性病変(内部に出血や高タンパクな液体を伴う場合)
  • 副鼻腔の粘液瘤、術後性上顎嚢胞、貯留嚢胞
  • 鰓裂嚢胞
  • 甲状舌管嚢胞
  • 線維性骨異形成
  • 骨腫(osteoma)

Sponsored Link

 

関連記事はこちら