Sponsored Link

舟状骨骨折(scaphoid fracture)

・手を着いて転倒し、手関節を背屈して生じる骨折。

・手根骨の骨折および脱臼で最多。

中央1/3(中央のくびれた部位)で骨折することが多い(7-8割)。

・合併症としては骨片の癒合が悪いことがある。中央1/3の骨折の3割、近位1/3の9割、遠位の1割で癒合しない。

・血流は遠位から近位に向かうため外傷による舟状骨の無腐性壊死(avascular necrosis)近位端に起こる。

・解剖学的嗅ぎタバコ入れ(Snuff box)と呼ばれる短母指伸筋腱と長母指伸筋腱の間のくぼみに痛みが生じる。

舟状骨骨折の画像所見

・X線では見逃されやすい骨折の1つ。疑わしい場合は圧痛のみで治療を開始することが多い。

・7-10日後に、骨折線が明瞭化することあり。

・MRIでは骨折部位の周囲に骨髄浮腫を生じる。帯状の走行を示す。

Sponsored Link

症例 20歳代男性 転倒後も痛み続くため来院

SCAPHOID FRACTURE

舟状骨の中央部で骨折あり。癒合悪く、骨移植へ。

症例 50歳代女性 3ヶ月前に自転車で転倒。その後も痛みが続くため来院。

scaphoid fracture

舟状骨遠位端にて骨折線あり。骨の癒合は進んでいない。

症例 腕を伸展位で転倒した。

SCAPHOID FRACTURE2006年放射線科診断専門医試験問題6より引用。

舟状骨中部の骨折あり。また手根骨配列の乱れあり。側面像では月状骨は手掌側へ回旋あり。舟状骨骨折および月状骨周囲脱臼を疑う所見。

 

症例 60 歳代の女性。転倒し手をつき,疼痛が増強。

SCAPHOID FRACTURE

2011年放射線科診断専門医試験問題21より引用。

舟状骨骨折。中央部に低信号あり。骨壊死は近位に多く、中央部の骨折が7割を占める。
骨癒合の起こりにくい骨折
  • 大腿骨頸部内側骨折
  • 手の舟状骨骨折
  • 脛骨中下1/3骨折
    これらは、血流が少ないため。
  • 病的骨折(悪性腫瘍の転移による)
  • 疲労骨折
  • 骨端線離開を合併した骨折
  • 第3骨片が離開した骨折

Sponsored Link

 

関連記事はこちら