Sponsored Link

類上皮腫、類表皮嚢胞epidermoid cystとは?

  • 原発性脳腫瘍の1%以下。
  • 表皮の一部、ケラチンやcholesterolが迷入して形成された異所性嚢胞。嚢胞壁は扁平上皮で覆われる。
  • 汗腺、皮脂腺、毛髪などの皮膚の付属器を含まない。(含むのが類皮腫(dermoid)。)
  • 類上皮腫は類皮腫の10倍程度あるとされている。
  • 好発年齢は40-60歳。
  • 先天性と後天性のものがある。後天性は外傷によるものが多い。
  • 半数は小脳橋角部に生じ、他、中頭蓋窩、脊柱管、板間層などにもできる。
  • 左右に偏在することが多く、一般には嚢胞変性を呈するため、epidermoid cystと称される。
  • 症状は部位によってさまざまであるが、小脳橋角部では、脳神経症状やめまいなど。
  • 良性腫瘍であるが、全摘しないと再発することがある。

画像所見

  • T1WI、T2WIでCSFと等信号の分葉状の形態を呈する。
  • DWIで著明な高信号を示すことが特徴。
  • 10~25%で石灰化を伴う。
  • 増強効果はないか、あってもわずかで辺縁に限局。
  • まれにCTで高吸収値、T1WIで高信号を示すことがあり、それぞれdense epidermoid、white epidermoidとよばれる。

Sponsored Link

症例 60歳代男性

epidermoid cyst MRI findings

右の小脳橋角部にDWIで著明な高信号、ADC信号低下を示す腫瘤あり。
T2WIでは高信号、T1WIでは低信号を示しています。

類上皮腫(epidermoid)を疑う所見です。

症例 30 歳代の女性。顔面のしびれを主訴に来院し,精査となった。

epidermoid tumor

2016年放射線科診断専門医10より引用。

左の小脳橋角部にDWIにて高信号の腫瘤あり。類上皮腫(epidermoid)を疑う所見。

症例 30 歳代の男性。交通事故後の頸椎 MRI で偶然異常を指摘された。

epidermal cyst(2008年放射線科診断専門医試験問題16より引用)

右小脳橋角部から橋前面にかけて橋を圧排している腫瘤あり。T1WIでは低信号、T2WIでは高信号を示し、DWIで著明な高信号を示している。類上皮腫を疑う所見。

症例 60 歳代の女性。10 年来右三叉神経痛に悩まされてきた。

epidermoid cyst(2007年放射線科診断専門医試験問題9より引用)

右小脳橋角部から橋前面にかけて腫瘤あり。

T1WIでは低信号、T2WIでは高信号を示し、DWIで著明な高信号を示している。類上皮腫を疑う所見。

鑑別診断は?

  • くも膜嚢胞:CTでは鑑別困難。DWIが有用。
  • 嚢胞性成分の多い神経鞘腫
  • 類皮腫:CTで脂肪があれば類皮腫を疑う。

参考文献)よくわかる脳MRI p200-201

Sponsored Link

 

関連記事はこちら