Sponsored Link

左上大静脈遺残(persistent left suprior vena cava:PLSVC)とは?

  • 胸部における静脈変異の中で最多
  • 健常人で0.4%。先天性心疾患患者では4%。
  • 左上大静脈遺残の82-90%で、右上大静脈も存続。両者を吻合する左腕頭静脈は65-75%で欠損するが、残っていることもある。
  • 右上大静脈が存続している場合は重複上大静脈double SVCの形をとる。
  • 遺残静脈は大動脈弓や左肺動脈の腹側を下降し、拡張した冠状静脈洞を経由して右房へ還流する。
  • 胸部単純写真正面像で大動脈弓部外側に帯状影を形成する。
  • 稀に総or部分肺静脈還流異常の際に見られる垂直静脈が一見、左上大静脈遺残に見えることがあるので注意する。
症例 60歳代女性

persistent left suprior vena cava

症例 30 歳代の女性。胸部単純 X 線写真で異常を指摘。

PERSISTENT LEFT SUPRIOR VENA CAVA2007年放射線科診断専門医試験問題34より引用

大動脈弓左側に血管構造を認める。左上大静脈遺残を疑う所見。

参考)画像診断 vol.31 No.5 2011 体循環静脈 伊藤雅人先生ら

Sponsored Link

 

関連記事はこちら