葉状腫瘍

  • 上皮、間質の両者が増殖〜間質が腫瘍性に増大する。しばしば葉状の構造を伴う。
  • 良性、境界、悪性がある。悪性は約20%。
  • 細胞異型、核分裂像は目立たないが、20cm以上のものも存在する。
  • 線維腺腫の数の2〜3%と少ない。
  • 40〜50歳代に多い。
  • 主腫瘤の周囲に複数の小さな葉状腫瘍が、時間空間的に多発することあり。再発もあり。
  • 再発をする場合は、その度に悪性度が増す傾向あり。
  • 治療は外科的切除。十分なmarginをとって完全切除(良悪性の鑑別が困難だから。)

画像所見

  • 境界明瞭な腫瘤。
  • サイズが小さい場合は線維腺腫と同様。
  • サイズが大きい場合は嚢胞性変化や内部出血を伴い、良悪性の鑑別困難。
  • MRIにて多くはT2WIでやや高信号-高信号を示す。著明に造影される。そのため、線維腺腫とは鑑別が困難嚢胞が目立つ場合は、葉状腫瘍を強く疑う。
  • ただし、良悪性は画像診断では困難。
症例 40歳代女性

Phyllodes tumor CT findings1

左乳腺に巨大腫瘤あり。

手術にて切除施行。葉状腫瘍であった。

症例 40歳代の女性。

検診目的で施行した乳腺超音波検査で右乳房に腫瘤を指摘された。針 生検にて線維腺腫と診断され経過観察していたが、7か月後に右乳房腫瘤を自覚。

phyllodes-tumor

2016年放射線科診断専門医40より引用。

内部低エコーで後方エコーの増強を示す腫瘤あり。関連記事)乳腺超音波(エコー)の内部エコー、後方エコーからの組織特性

7ヶ月でサイズの著明な増大あり。葉状腫瘍を疑う所見。

 



関連記事はこちら