Sponsored Link

2013年放射線科専門医問題&解答解説【基礎1-5】

問題はこちらから参照ください。

1.
荷電粒子線はどれか。2 つ選べ。
a α線
b β線
c γ線
d X線
e 中性子線
1. a,b

radio


 

2.
高 LET(線エネルギー付与)放射線はどれか。2 つ選べ。
a γ線
b 電子線
c 陽子線
d 中性子線
e 炭素イオン線
2. d,e

・高LET線:粒子線、中性子線など

・低LET線:γ線、X線、陽子線など


 

3.
MR hydrography に含まれないのはどれか。1 つ選べ。
a MR urography
b MR sialography
c MR myelography
d MR tractography
e MR cholangiopancreatography
3. d

・d以外は水を見るもの。

MR tractography

・神経線維の方向による拡散異方性を利用し脳白質線維群を画像化したもの。

Sponsored Link

4.
MRI におけるケミカルシフトアーチファクトの原因はどれか。1 つ選べ。
a 励起磁場の不均一性
b 物質間の磁化率の差
c 受信コイルの感度むら
d 物質間の誘導電流の差
e 物質間の共鳴周波数の差
4. e

・chemical shift artifactは2つ物質の共鳴周波数の違いにより発生する。


 

5.
放射線感受性が高い細胞周期はどれか。2 つ選べ。
a M期
b G0 期
c S 期の後半
d G1 期の前半
e G1 期から S 期への移行期
5. a,e
細胞周期と放射線感受性

・最も放射線高感受性:G2期後半−M期

・次に放射線高感受性:G1後半-S期前半

※これまで抵抗性ばかり出ていたが、感受性が新しく出題。【新傾向!?】

2013年放射線科専門医問題&解答解説【基礎6-10】

2013年トップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら