Sponsored Link

MRIは磁場を用いた検査であり、鉄イオンの検出に有用です。

中でもT2*WI(T2スター強調像)、またSWI(磁化率強調像)が有用とされます。

ここで問題となるのが、これらのシークエンスで低信号を示したときに、

  • 古い出血を見ているのか
  • 生理的鉄沈着を見ているのか

の鑑別です。

誤って陳旧性出血!と診断しないためには、生理的鉄沈着を示す部位をあらかじめ知っておくことです。

そこで、今回は脳の生理的鉄沈着部位についてまとめました。

脳の生理的鉄沈着とは?

  • 幼小児期より生理的に鉄沈着(フェリチン)する部位として、淡蒼球、黒質、赤核、小脳歯状核がある。
    ※生後淡蒼球(6ヶ月)→黒質(1年)→赤核(2年)→小脳歯状核(3-7年)の順に見られる。
  • 高齢者では、視床、被殻、尾状核にも集積が見られるようになる。
  • 異常鉄沈着を来す疾患としてはHallervorden-Spatz病、Parkinson病、Shy-Drager病、ヘモクロマトーシス、superficial siderosisが挙げられる。

画像所見

  • 鉄はT2WIおよびT2*WI、またSWIにて低信号を呈する。特に後者2つが有用。
  • T2WIとT2*WIでは沈着するものがフェリチンか、ヘモジデリンかで信号低下の程度に差がある。ヘモジデリンではよりT2*WIで低下、フェリチンではT2WIでより低下する。したがって、同一人物であってもT2WIとT2*WIを見比べることにより、沈着しているのがフェリチンなのか、ヘモジデリンなのかがわかる。
  • 強度としては、淡蒼球>赤核、黒質で見られる。
症例 70歳代女性

brainfe1 brainfe2

T2*WIの横断像において、淡蒼球、中脳の赤核、中脳の黒質、小脳の歯状核にそれぞれ低信号を認めています。

いずれも生理的鉄沈着を疑う所見です。

鑑別

  • T2WIで低信号になるものとしては、鉄沈着の他に、出血、石灰化・骨化、血流(flow void)、脂肪、高タンパクの嚢胞(ただし、かなりの高濃度の場合)、常磁性体、密な組織、線維組織、fibrous dysplasia、髄膜腫、悪性リンパ腫など。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら