Sponsored Link

転移性卵巣腫瘍

  • 胃癌、大腸癌、乳癌からの転移が多い。
  • 転移性腫瘍で発症し、原発巣が見つかることも少なくない。
  • 両側性の卵巣腫瘍では常に転移の可能性を考える。
  • 原発巣により転移性卵巣腫瘍に画像的特徴があることがある。
  • 特に、大腸癌や虫垂からの転移性卵巣腫瘍は、多房性嚢胞性病変の形態を呈するため、卵巣原発の粘液性嚢胞性腫瘍との鑑別が困難なことがある。

Krukenberg tumor

  • ほとんどが、印環細胞癌(胃癌)からの卵巣転移。
  • 充実性、分葉状の腫瘤を形成することが多い。
  • T2WIで不均一な低信号を呈する。浮腫により高信号を示すこともある。
  • 造影効果は良好。

大腸癌からの卵巣転移の特徴

  • 多房性嚢胞性病変の形態をとることが多い。
  • 内部は出血や壊死を伴い不均一な信号を呈することが多い。
症例 50歳代女性 直腸癌術後

ovarianmeta1 ovarianmeta2

虫垂腫瘍からの卵巣転移の特徴

  • 片側性の卵巣腫瘍ならば虫垂から近い右側が多いが、しばしば両側性。
  • 大腸癌同様に多房性嚢胞性病変を呈する。
  • 破裂により、腹膜偽粘液腫を形成することがある(腹膜偽粘液腫の原因は虫垂腫瘍原発が最多)
ステンドグラスパターンを呈しT2WI低信号部分を含む嚢胞性卵巣病変
  • 内膜症性嚢胞
  • 転移性卵巣腫瘍
  • 粘液性嚢胞腺腫/癌
  • 成熟嚢胞性奇形腫 → 典型的には皮脂腺より分泌された脂肪成分が脂肪抑制される。
  • ・カルチノイド → 成熟嚢胞性奇形腫と合併するのが典型的。
  • 卵巣甲状腺腫

乳癌からの卵巣転移の特徴

  • 小葉癌に多い。
  • 80%は両側性。
  • 他の腹部臓器にも転移を既に伴っていることが多い。弧発性は稀。
  • 大部分が充実性。嚢胞状になることは稀。
  • 基本的に小さな腫瘍で、5cm以上になることは稀。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら