Sponsored Link

膝蓋骨骨折

・膝関節周辺骨折の中で最も頻度が高い。全骨折の1%。

・横骨折と粉砕骨折に大別される。

・介達外力では横骨折、直達外力では粉砕骨折が多い。

・横骨折の頻度が高い(6割)。

・関節内血腫の原因となる。

・二分あるいは三分膝蓋骨は成長期の癒合障害であり、骨折ではない。正常変異。膝蓋骨の近位外側1/4に好発。通常は両側性。

膝蓋骨横骨折

・膝の急激屈曲→大腿四頭筋の緊張により、膝蓋骨が上下に引き離されrる。

・そのため骨片は大きく転位することが多い。

・その離開の程度で治療法が選択される。離開が少ないものは保存的治療。大きいものは、観血的整復固定法(ひきよせ鋼線締結法)

症例 40歳代男性 階段より転倒

Patellar fracture

膝蓋骨粉砕骨折

・転倒や交通外傷など前方からの直達外力により粉砕するが、横骨折のように、上下に引き離されることはなく、骨片はその場に留まることが多い。

・開放骨折が多い。

症例 30歳代男性 交通外傷 開放骨折あり。

Patellar fracture

膝の外傷の鑑別診断

・骨折(大腿骨、脛骨、腓骨)
・靭帯損傷(前・後十字靭帯、内側・外側側副靭帯)
・半月板(内側・外側)
・膝蓋骨骨折・脱臼
・関節包損傷
・大腿膝蓋関節障害
・鵞足炎
・棚障害

Sponsored Link

 

関連記事はこちら