Sponsored Link

ナボット嚢胞(Nabothian cyst)

・子宮頸部の移行帯(transformation zone)に生じる頻度の高い良性嚢胞。

・頚管腺開口部が扁平上皮で覆われる結果生じる貯留嚢胞のこと。

・充実性部分を伴わない境界明瞭な類円形嚢胞を呈する。

・核異型や核分裂像は認めない。

・鑑別は、悪性腺腫、頚管過形成。画像では鑑別できないこともある。

ナボット嚢胞の画像診断

・数mm-1cm大で、しばしば多発する。

多発している場合は、嚢胞間に正常頸部間質が確認できる。

・T1WIで低信号-高信号、T2WIで高信号を呈する。造影効果はない。

症例 50歳代女性

Nabothian cyst


症例 49 歳の女性。

Nabothian cyst

2005年放射線科診断専門医試験問題54より引用。

子宮頚部にT2WIにおいて高信号を示す大小の嚢胞が多数認め、各嚢胞の間には正常の頚部間質が介在している。Naboth嚢胞を疑う所見。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら