Sponsored Link

気管支喘息(bronchial asthma)のCT画像診断

胸部X線所見

  • 肺野含気量の増加および透過性亢進、気管支壁肥厚

CT所見

  • 気管支の拡張や狭窄
  • 気管支壁肥厚(重症の喘息ほど壁肥厚は強くなる。)
  • 小葉中心性分岐状陰影
  • 気管支拡張
  • 粘液栓
  • 末梢気道の狭窄に伴い、呼気CTにおいてair trapping→mosaic appearance

※可逆性の気道閉塞障害を呈する。通常画像診断に回ることはない。

症例60歳代女性 喘息発作

bronchial asthma bronchial asthma1

(加療後CT)

bronchial asthma2

このように特に治療歴のない喘息の場合は、吸入ステロイドにより気管支壁の肥厚が軽減することが知られている。

逆に慢性的に気管支喘息がある場合、気管支壁の肥厚が軽減しにくい。

動画で学ぶ気管支喘息

気管支壁の肥厚を来す疾患

気管支喘息以外にも、

  • 咳喘息
  • 非喘息性咳嗽(逆流性食道炎など)

において気管支壁を来すことが報告されている。その気管支壁の肥厚の程度は、

咳喘息>非喘息性咳嗽>正常 と報告されている。(Chest 131:1042-1049,2007)

mosaic perfusionを来す疾患

気道疾患

(mosaicの機序:気管支・細気管支の病変により気道閉塞→血流低下→肺野濃度に差が出る)

血管疾患

*(注意)急性の肺動脈閉塞では起こらない。

喘息症状をきたす肺疾患

Sponsored Link

 

関連記事はこちら