Sponsored Link

茎状突起過長症

・過長の茎状突起または茎状舌骨靭帯の石灰化→舌咽神経、頚動脈を圧迫→咽頭や顎下部、耳にかけて疼痛、嚥下痛、耳鳴、顔面痛、肩こり、頸部圧痛、頭痛を起こす病気。

・その他、茎状突起が内側を走行する内頸動脈を圧迫することにより、一過性脳虚血発作や脳卒中を引き起こす事あり(stylo-carotid artery syndrome)。

・正常の長さは17-19mm程度。

・成人の4%が25mm以上で、そのうち4%に症状が発現すると報告あり。3cm以上を過長とする。

・なので長くても全く症状がない場合もあり。

・40歳以上の女性に症状を生じやすい。

・診断は、口蓋扁桃触診で、茎状突起を触診し、かつ同部位に疼痛があること。また局所麻酔で疼痛が消失すること。

・治療は鎮痛薬や茎状突起切除術。

 画像診断

▶キー画像

Eagle

神経痛として咽頭痛をきたす疾患

・舌咽神経痛
・茎状突起過長症
・翼口蓋神経痛
・上喉頭神経痛
・三叉神経痛

Sponsored Link

 

関連記事はこちら