Sponsored Link

2013年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【76-80】

問題原本はこちらからご覧下さい。

76,

50 歳代の女性。両側下肢に腫瘤を触知する。67Ga シンチグラムを示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 皮膚筋炎
b 悪性リンパ腫
c 深部静脈血栓症
d アミロイドーシス
e サルコイドーシス
76, e

・両側下腿に複数の集積あり。さらに腫瘤を触知する。a、b、d、eにはいずれも集積をする。このうち腫瘤を形成するのはe。肉芽がボコボコできている。

・bはこんなに両側まだらにこない。下肢だけというのも微妙。

Gaシンチの主な適応疾患

・主な適応疾患はSLIMである。

・Sarcoidosis(サルコイドーシス), lymphoma(悪性リンパ腫), inflammation(炎症・感染), malignant melanoma(悪性黒色腫)である。

筋サルコイドーシス

・サルコイドーシスのうち、5%程度に骨・関節・軟部領域にも病変を認める。

・筋サルコイドーシスは、MRIのT1WI/T2WI/STIRにて冠状断像あるいは矢状断像でストライプ状の異常信号(高信号)を呈する。中心に星芒状の瘢痕(dark star)を低信号として認める。


 

77,

50 歳代の男性。18F-FDG PET の冠状断像を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 検査前に食事をした。
b 減弱補正をしなかった。
c 検査前に全身運動をした。
d コントロール不良の糖尿病患者である。
e 18F-FDG を注射して 3 時間後の画像である。
77, a

・コントロール不良の糖尿病→高血糖→高インスリン→生理的集積の変化、病変への集積低下→診断能低下。脳への集積は低下する。

・食後ならば、高インスリン状態となり、全身の筋への集積あり。

脳への集積が低下を見たとき

・インスリン分泌能正常→筋への取り込み上昇→全身の筋への集積あり。
・インスリン分泌能低下→筋への取り込み低下→全身の筋へは集積されず、脳のみ低下あり。


 

78,

60 歳代の女性。胸部 X 線撮影で異常を指摘されて来院した。18F-FDG PET 冠状断像を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 肺癌
b 肺膿瘍
c 肺結核
d 肝細胞癌
e 腎細胞癌
78, a

・左肺尖部にリング状の異常集積あり。

・右副腎にも集積あり。肺癌の副腎転移と考えるのが最も妥当。

Sponsored Link

79,

60 歳代の男性。ろ胞性リンパ腫に対する90Y イブリツモマブチウキセタン治療を行う目的で来院した。111In イブリツモマブチウキセタン投与 48 時間後に全身像を撮像した。正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 骨髄への集積亢進を認める。
b 左腎への強い集積を認める。
c 不適格生体内分布と判定できる。
d 90Y イブリツモマブチウキセタンの投与は慎重に行う。
e 90Y イブリツモマブチウキセタン投与の適応評価のためには追加撮像が必要である。
79, a,c?

・2012年の問題に比べて骨髄への集積が著明。

・脾臓に集積あり。腎はL1-2レベル。

90YイブリツモマブチウキセタンによるRI標識抗体療法

・治療前に、111INインジウムで標識したイブリツモマブチウキセタンを投与→撮影して、適応症例を決定する。

・まず診断薬剤のインジウム111標識ゼヴァリン(111In ゼヴァリン)を注射
→48時間後に体内分布をシンチグラフィーにより撮影し体内分布を確認。問題なければ(骨髄などに異常集積あれば、重篤な骨髄抑制などを起こす可能性あり治療はしない)
→1週間後に、治療目的でイットリウム90標識ゼヴァリン(90Y ゼヴァリン)を静注。
→β線による内部照射による放射線治療を行なう。

111In-イブリツモマブチウキセタン(ゼヴァリン)による判定-異常な体内分布とは?

・著明な骨髄へのびまん性の取り込み(骨シンチのスーパースキャンに似た集積)
・肝臓、脾臓、骨髄への局在的な集積(網内系への取り込み)
・正常臓器への集積異常
①肺>肝へのびまん性集積
②後面像で、腎>肝への集積
③正常腸管>肝への集積かつ経時的変化がみられないもの


 

80,

50 歳代の男性。両肩の痛みで来院し,横紋筋融解症と診断された。シンチグラムを示す。投与された放射性医薬品はどれか。1 つ選べ。
a 67Ga citrate
b 99mTc-DTPA
c 99mTc-MDP
d 99mTc-MIBI
e 111InCl
80, c

・急性腎不全の原因となる横紋筋融解症の診断には、骨シンチが有用。

・横紋筋に集積が見られる。

骨シンチによる変性性石灰化への集積

・組織変性部位にCaのoverloadが起こる→Ca沈着部位に集積。

・横紋筋融解症、筋挫滅、脳梗塞、心筋梗塞、腫瘍壊死など。

2013年問題のトップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら