Sponsored Link

2013年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【16-20】

問題原本はこちらからご覧下さい。

16,

50 歳代の女性。起立時の頭痛を主訴に来院した。頭部 MRI を示す。
この疾患で一般的に見られないのはどれか。1 つ選べ。
a 脳幹腫大
b 硬膜肥厚
c 下垂体腫大
d 硬膜下腔拡大
e 小脳扁桃下垂
16, a

参考)低髄圧症候群の画像診断


 

17,

30 歳代の男性。3 年前から手指振戦が出現し,書字困難になったたため来院した。頭部 MRI を示す。可能性が最も高いのはどれか。1 つ選べ。
a Wilson 病
b Parkinson 病
c 神経 Beçhet 病
d 多系統萎縮症
e 進行性核上性麻痺
17, a

・脳幹および小脳、中小脳脚に異常高信号あり。基底核にT2WIで低信号あり。銅沈着を疑う。Wilson病を疑う所見。

参考記事)Wilson病の画像診断

参考)2009年専門医試験(旧認定医)

多系統萎縮症(MSA)の MRI で,萎縮を認めにくい部位はどれか。1 つ選べ。
a 橋
b 小脳
c 被殻
d 中脳被蓋
e 中小脳脚

・MSA-Pの画像は、被殻の外側凸な突出が萎縮して直線状に見える。同部での進行した鉄沈着も目立つ。

・MSA-Cでは、小脳橋底部や中小脳脚の萎縮、橋横走線維変性を反映した逆T字状もしくは十字状のT2強調像高信号化(“hot cross bun’’sign)や、中小脳脚の高信号化を認める。

両側基底核外側がT2WIで線状高信号を示す疾患

・多系統萎縮症パーキンソン型(MSA-P)
・Wilson病
・CADASIL
・PRES
・ハンチントン病
・非ヘルペス非傍腫瘍症候群性農園
など。

参考)多系統萎縮症の画像診断


 

18,

70 歳代の男性。物忘れや異常行動があるため,家族に伴われて来院した。頭部 MRI を示す。可能性が最も高いのはどれか。1 つ選べ。
a Alzheimer 病
b Parkinson 病
c ヘルペス脳炎
d 脳血管性認知症
e 前頭側頭葉型認知症
18, e

・左の側頭葉の萎縮が目立つ。

参考)前頭側頭葉変性症の画像診断

Sponsored Link

19, 

30 歳代の女性。右拍動性耳鳴を主訴に来院した。CT と血管造影を示す。
考えられるのはどれか。1 つ選べ。
a 真珠腫
b 顔面神経鞘腫
c 内頸静脈憩室
d 内頸動脈走行異常
e 鼓室グロームス腫瘍
19, e

・鼓室内に軟部陰影あり。血管造影ではよくわからないけどよく染まっている。

・拍動性耳鳴を起こすものはこの中では、内頚動脈走行異常と鼓室グロムス腫瘍。

グロムス腫瘍(glomus tumor)

・拍動性耳鳴をきたす疾患として重要。

・局在から、Jacobson神経(Ⅸの鼓室枝)に発生する鼓室内グロムス腫瘍(glomustympanicum)、Arnold神経(Ⅹの耳介枝)に発生する頸静脈グロムス腫瘍(glomus jugular)に分類。

・glomus jugular では頸静脈孔周囲骨の虫食い状破壊性変化を伴うことが多い。

非常に血流豊富な腫瘍であり、MRIでは腫瘍内部や周辺にflow voidを認めることもある。


 

20,

60 歳代の男性。頸部痛を主訴に来院した。頸部造影 CT を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a ガマ腫
b 唾石症
c 咽後膿瘍
d 耳下腺膿瘍
e 化膿性脊椎炎
20, c

・d、eは違う。

・bなら単純CTを出すでしょう。咽頭後壁と椎体の間のスペースが広いような。

2013年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら