円形無気肺(round atelectasis)

  • 肺が限局的に虚脱したもの。
  • 胸水貯留によるものや胸膜の病変に関連することが多く、虚脱が残ってしまうもの。
  • 原因は、石綿胸水、胸膜炎、うっ血性心不全などの胸膜病変後。
  • 好発部位は、肺の背側側、傍脊椎領域、特にS10に多い。
  • 両側のこともある。

円形無気肺の画像所見

  • 円形あるいは類円形の腫瘤影を形成する。
  • 胸膜肥厚を伴うことが多い。
  • 胸水の既往があることが多い。
  • 無気肺部に向かって近くの気管支と動脈が、弯曲するcomet-tail signを認めることあり。
症例 80歳代男性

round-atelectasis

左下葉にcomet tail signを有する腫瘤影あり。経時的に変化を認めておらず、円形無気肺としてフォローされています。

この症例を動画でチェックする。

症例 80 歳代の男性。健診の胸部 X 線撮影で異常を指摘。

ROUND ATELECTASIS2014年放射線科診断専門医試験問題24より引用。

右下葉に一部石灰化を有する腫瘤あり。comet tail signを有しており、胸水貯留、胸膜肥厚あり。円形無気肺を疑う所見。

 

症例 60 歳代の男性。胸膜肥厚があり,経過観察されていたが,最近左下葉に腫瘤を指摘された。 肺癌の鑑別目的で FDG-PETCT を施行した。

(round atelectasis)2007年放射線科診断専門医試験問題67より引用。

左下葉にcomet-tail signを認める腫瘤あり、形状から円形無気肺を疑う所見。FDGの集積を認めていない点も合致する。


スポンサーリンク



関連記事はこちら