Sponsored Link

2011年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【71-75】

問題原本はこちらからご覧下さい。

71,

70 歳代の男性。2 日前から異常行動(ジャルゴン発語状態)が出現した。麻痺はなく,CT,MRI で明らかな異常は認めていない。言語症状持続時と回復後の123I-IMP SPECT を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 髄膜炎
b もやもや病
c ヘルペス脳炎
d てんかん発作
e 左中大脳動脈閉塞
71, d

・発作時には血流増大し、間欠期には落ちるというやつか?

脳血流が増加

・脳梗塞亜急性期(贅沢)
・脳塞栓の再開通時
・発作中のてんかん(発作後もしばらくは高集積が遅延することがある。)
・脳炎

脳血流が減少

・脳梗塞(ただし亜急性期以外)
・脳出血
・左(右)被殻出血時の右(左)小脳
・発作間欠時のてんかん


 

72,

60 歳代の女性。99mTc-MIBI 投与後,5 分および 2 時間のシンチグラム頸部前面像を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a Plummer 病
b 副甲状腺腺腫
c 甲状腺乳頭癌
d 甲状腺濾胞腺腫
e 亜急性甲状腺炎
72, b
99mTc-MIBI

・安静心筋。副甲状腺腫(2011保険適応)。

・99mTc-MIBIで正常副甲状腺は同定されない。

・早期像では、甲状腺との放射能に差がないため、副甲状腺を認識できないが、洗い出しが甲状腺より遅いために、後期像で副甲状腺に集積が残るのが特徴。


 

73,

50 歳代の男性。動悸を主訴に来院した。胸部 X 線写真と肺換気血流シンチグラムを示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 肺気腫
b 心不全
c 肺血栓塞栓症
d 肺門部リンパ節腫大
e 側弯症による換気血流障害
73, c

多発ミスマッチ欠損を認めており、肺動脈血栓塞栓症を疑う所見。


 

74, 

60 歳代の女性。2 年前から労作時呼吸困難を自覚し,次第に増悪していた。3 カ月前に急性の呼吸困難があり,3 日ほどで軽快した。以後,労作時呼吸困難がさらに増強した。1 週間前から両下肢浮腫が出現した。胸部 X 線写真,胸部 CT(肺野条件),換気血流シンチグラムを示す。正しいのはどれか。2 つ選べ。
a CT で mosaic pattern がある。
b 手術にて軽快する病型がある。
c シンチグラムにて多発一致欠損がある。
d 換気シンチグラムは洗い出し像である。
e 胸部 X 線写真で肺血管陰影は末梢まで太い。
74, a,b

・換気は保たれているが、血流は両側で低下している。つまり多発一致欠損はない。慢性肺血栓塞栓症の症例。

・d:× 洗い出し像ではない。洗い出し像1枚では換気の状態は診断できない。


 

75,

生後 20 日の新生児。肝・胆道シンチグラフィを施行した。正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 5 分後で胃が淡く描出されており,胃粘膜の炎症所見である。
b 15 分後で膀胱が描出されており,胆汁排泄は不良である。
c 60 分後に肝臓の集積が強くなっており,乳児肝炎の所見である。
d 4 時間後に腎臓描出が膀胱より淡く,排尿障害の所見である。
e 24 時間後まで腸管が描出されないのは,胆道閉鎖症の所見である。
75, b,e
肝胆のシンチ

・網内系貪食(kupper細胞):フチン酸 99mTc-phytate
・肝細胞(受容体):アシアロシンチ 99mTc-GSA
・胆道系:99mTc-PMT

肝胆道シンチグラフィ 99mTc-PMT

・乳児黄疸の鑑別:乳児肝炎か先天性胆道閉鎖。24時間後でも胆道・胆管排泄が見られないのが先天性胆道閉鎖症

症例 20 歳代の男性。肝腫瘤の精査。

99mTc-PMT2006年放射線科診断専門医試験問題71より引用。

早期像にて肝左葉に腫瘤あり、集積あり。正常肝徐々に排泄されているのに対して、左葉の腫瘍には集積残存がある。肝・胆道シンチグラフィで集積するためには、肝細胞の性質が必要であり、FNHや肝細胞がんが疑われる。

2011年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら