放射線の単位

  • 照射線量(C/kg):ある場所における空気を電離する能力を表す量。エックス線装置や放射性同位元素などから発生する放射線の総量
  • 吸収線量(Gy=J/kg):照射された放射線のうち、物質(被写体)に吸収されたエネルギー。
  • 等価線量Sv=吸収線量×放射線荷重係数(確定的影響)。吸収線量が同じでも、放射線の種類により影響は異なるのでそれを加味(放射線荷重係数)した値。
  • 実効線量Sv=等価線量×組織荷重係数(確率的影響)。さらに等価線量が同じでも、臓器により影響は異なるため、それを加味(組織荷重係数)した値。
  • 放射能Bq=放射能の強さのこと。であり、1Bqとは1秒間に1個の原子核が崩壊する放射能(放射性同位元素数)をいう。
    ※Bq=dps=disintegration per second

放射線を雨に例えると・・・

  • Bqは放射能の線量。=降っている雨。
  • Gyは体に浴びた放射線量。=体や服が濡れた雨の量。
  • Svはそのうち体に与える影響を考慮した量。=体に影響する雨の量。

radiation

過去問より

  • 吸収線量の単位はGy=J/kg ★
  • Sv ,rem は線量等量(等価線量、実効線量)
  • 等価線量は臓器毎、それを全身で加えたものが実効線量。
  • つまり、実効線量(Sv)=Σ等価線量(Sv)


スポンサーリンク



関連記事はこちら