Sponsored Link

2011年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【56-60】

問題原本はこちらからご覧下さい。

56,

10 歳の女児。下腹部痛を主訴に来院した。超音波検査で骨盤内に腫瘤性病変が指摘され精査となった。血液検査では AFP および hCG は基準値以下である。骨盤部 MRI を示す。可能性が高いのはどれか。2 つ選べ。
a 予後不良である。
b 腫瘤内出血がある。
c 腫瘤は捻転している。
d 明細胞癌の合併が疑われる。
e ホルモン産生の可能性がある。
56, b,e
顆粒膜細胞腫

・性索間質腫瘍の1つ。

・成人型と若年型に分けられる。

・境界悪性腫瘍に分類。

多房性嚢胞-充実性腫瘤までさまざま。典型的には内部に大小の嚢胞あり。嚢胞内には出血がしばしばあり。

よく染まるのが特徴(hypervascular tumor)。

・エストロゲン産生腫瘍。


 

57,

11 歳の女児。心窩部痛を主訴に来院した。腹部超音波検査で膵腫瘤を指摘され精査となった。MRI を示す。可能性が最も高いのはどれか。
a adenosquamous cell carcinoma
b solid pseudopapillary tumor
c mucinous cystic neoplasm
d lymphoepithelial cyst
e endocrine tumor
57, b

solid pseudopapillary neoplasm(SPN,SPT) 

・若年女性に好発する(男女比は1:9)。

・比較的予後良好だが、再発率は5%前後。肝転移が多い。

・10年以上経過しての再発もあり。

・分化方向不明な上皮性腫瘍。

・腹痛、腹部腫瘤を主訴とするが、無症状のこともある。

・治療は手術。

 画像所見
CT  充実+嚢胞、石灰化被膜(壁)、内部出血により高い吸収値、充実部は徐々に染まる。
MRI T1WI T2WI
 高〜低  低〜不均一(多彩)

 

58,

50 歳代の男性。検診の腹部超音波検査にて肝腫瘤を指摘され,精査を目的に来院した。腹部ダイナミック CT を示す。考えられるのはどれか。2 つ選べ。
a 腫瘤は S 8 に存在している。
b 腫瘤は門脈腫瘍栓を伴っている。
c 腫瘤は多血性(hypervascular)である。
d 治療には抗菌薬投与が第一選択である。
e 造影早期相で右葉後区域に血流異常がみられる。
58, b,c

・おそらくHCCで、S4-S5/8に存在している。

Sponsored Link

59,

60 歳代の男性。検診で肝機能障害を指摘され精査を目的に来院した。グラディエントエコー(GRE)法で撮像した肝 MRI(TR:繰り返し時間TE:エコー時間FA:フリップ角)を示す。使用装置は 1.5 Tである。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 壊死
b 囊胞
c 鉄沈着
d 脂肪沈着
e 胆管拡張
59, c

・out→inで信号低下するのは、鉄沈着。


 

60,

50 歳代の男性。発熱と腰背部痛を主訴に来院した。腹部単純 CT を示す。
可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 結節性硬化症
b 多囊胞腎
c 心房細動
d 糖尿病
e 結核
60, d
気腫性腎盂腎炎

・腎盂腎炎の中でもより重篤なタイプ。

・嫌気性菌が起炎菌となる。

・気腫性膀胱炎と同様に高率に糖尿病を合併する。

・治療はドレナージや外科的治療。

2011年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら