Sponsored Link

組織荷重係数

・2007 年の ICRP 勧告発表後、組織荷重係数が正式な用語となっている。ICRP が発表している。

・実効線量(Sv)=Σ(組織荷重係数)×等価線量(Sv)

・組織荷重係数の総和=1

・全身に一様に等価線量で被曝した場合には、実効線量=等価線量となる。

致死がん発生率+重篤な遺伝的発生確率などを考慮した重み付け。

  • 赤色骨髄、結腸、胃、肺、乳房、残りの組織 0.12
  • 生殖腺 0.08
  • 膀胱、食道、肝臓、甲状腺 0.04
  • 脳、唾液腺、骨表面、皮膚  0.01
    ※組織荷重係数は0.01が最小。

放射線荷重係数

浴びた放射線(吸収線量(Gy))から放射線の影響を受ける(等価線量(Sv))わけではない。浴びた放射線の種類によってその度合いが異なる。それが放射線荷重係数。

つまり等価線量(Sv)=Σ(放射線荷重係数)×吸収線量(Gy)となる。

  • 電子線 1
  • 陽子線  2
  • ガンマ線  1
  • アルファ線  20
  • 中性子線 20MeV 超  6.8以下

※つまり、電子線や、ガンマ線ならば吸収線量=等価線量となる。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら