Sponsored Link

2009年放射線科専門医試験問題&解答解説【56-60】診断

問題原本はこちらからご覧ください。

56,

成人男性。気管支透亮像を伴うコンソリデーションが見られた。可能性の低いのはどれか。1 つ選べ。
a 細菌性肺炎
b 肺胞蛋白症
c 肺胞性肺水腫
d 癌性リンパ管症
e 細気管支肺胞上皮癌
56, d

・d 癌性リンパ管症 × 間質性陰影が主体である。腫瘍細胞がリンパ組織の存在する肺間質(広義の間質)にびまん性に浸潤し、気管支・血管束の不規則な肥厚、小葉間隔壁や胸膜の肥厚などの多彩な間質性陰影を示す。

参考)広義リンパ路病変の鑑別診断


 

57,

縦隔腫瘤について誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 浸潤性胸腺腫は胸膜播種をきたしやすい。
b 神経原性腫瘍では神経線維腫が最も多い。
c 胸腺癌は浸潤性胸腺腫より遠隔転移が多い。
d 突然の胸痛,肺浸潤影を示したときは奇形腫を疑う。
e 食道奇静脈陥凹は気管支原性囊胞の好発部位である。
57, b

・b × 神経鞘由来の腫瘍には神経鞘腫と神経線維腫があり、大部分は神経鞘腫である。

縦隔成熟奇形腫

・縦隔胚細胞性腫瘍で最多。

・大部分は前縦隔発生。

・合併症として肺や気管支内、胸腔内、心嚢腔内への穿破がある。発見したら手術適応。

・脂肪および石灰化の検出が重要。

・Fat-fluid levelの形成は確実な所見だが1割程度にしか見られない。

縦隔神経原性腫瘍

neurogenic tumor

参考)気管支原性嚢胞(bronchogenic cyst)の画像診断


 

58,

立位胸部 X 線写真における左心不全のサインとして誤っているのはどれか。1 つ選べ。
a 心拡大
b 胸水貯留
c Kerley線の出現
d 肺門陰影の不明瞭化
e 下肺野血管陰影の増強
58, e

e 下肺野血管陰影の増強 × :肺うっ血により下肺野の肺血管は細くなり、拡張した上肺野の肺血管と対照をなす。

Sponsored Link

59,

急性大動脈解離の CT について正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 単純 CT で除外診断できる。
b 必ずしも大動脈拡大を伴わない。
c 造影を行う場合単純 CT は省略して良い。
d 上行大動脈に解離が認められれば手術適応がある。
e 左鎖骨下動脈より遠位にエントリーがあれば Stanford B 型である。
59, b,d

・e × Stanford B 型はエントリーを無視して解離腔のみに注目した分類で。エントリーが下行大動脈にあっても、上行大動脈まで逆行性解離を生じた場合Stanford A型となる。


 

60, 

左房拡大を来たしやすいのはどれか 。2 つ選べ。
a 僧帽弁狭窄
b 動脈管開存
c Ebstein奇形
d Fallot四徴症
e 部分肺静脈還流異常
60, a,b

sabo

2009年問題のトップに戻る

Sponsored Link

 

関連記事はこちら