Sponsored Link

腸重積(intussusception)

  • 腸重積とは、腸管が遠位の腸管に望遠鏡を折りたたむように嵌入した状態。
  • 嵌入する腸管をintussusceptum(嵌入部)、嵌入される腸管をintussuscipiens(嵌入鞘)と呼ぶ 。
  • 新生児から成人まで起こりうるが、ピークは生後5-9ヶ月幼少時の腹部救急疾患で最多
  • やや男児に多く、男女比は3:2。
  • 乳児期の腸重積は「特発性」であり、症状も典型的で腹痛、嘔吐、粘血便、腹部腫瘤など。
  • 特発性では、回腸末端のリンパ組織であるPayer板の腫大が引き金となると考えられている。ウイルス感染が先行し、関連が言われている。
  • しかし、年長児では、Meckel憩室や悪性リンパ腫が原因となることあり。
  • 成人では、8割に原因疾患が認められる。原因としては、脂肪腫が最多であり、腺癌、悪性リンパ腫、平滑筋肉腫、黒色腫など。
  • 整復には、注腸整復と外科的整復がある。

腸重積の画像所見

  • 腸管壁が同心円状に位置するため、CTや超音波において、長軸に平行なスライスでは層状、垂直なスライスでは、同心円状(標的)構造を認めることができる。(target sign、doughnut signと呼ばれる※他にcrescent-in-doughnut sign,multiple concentric ring signなどとも称される。長軸方向の断面は長円形に描出され、pseudokidney signと称される。)
  • また腸間膜の脂肪が嵌入腸管とともに嵌入するため層状の脂肪を腫瘤内に偏心して認めるのも特徴。

intussusception

ここまでわかる急性腹症のCT 第2版を参考に作図。

症例 40歳代 女性

intussusception%e3%80%80ct-findings1 intussusception%e3%80%80ct-findings2

解説動画。

症例 40 歳代の男性。腹痛と嘔吐。

intussusception2014年放射線科診断専門医試験問題56より引用。

小腸内に脂肪を認めており、腸重積を疑う所見。

 

症例 10 歳の男児。腹痛を主訴に来院した。右上腹部に腫瘤を触知。

pseudokidney sign2011年放射線科診断専門医問題41より引用。

超音波にてtarget signあり。CTにて腸管内部に脂肪濃度を含むtarget signを認めており腸重積を疑う所見。

症例 9 カ月の乳児。不機嫌になるとともに便に血が混じる。

intussusception2013年放射線科診断専門医問題52より引用。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら