Sponsored Link

2011年放射線科診断専門医試験問題&解答解説【36-40】

問題原本はこちらからご覧下さい。

36, 

60 歳代の男性。突然に発症した胸背部痛を主訴に来院した。意識は清明。顔貌は苦悶様で冷汗を伴っている。血圧は右上腕で 170/92 mmHg,左上腕で 135/85 mmHg である。胸部の単純および造影 CTを示す。正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 保存的治療を行う。
b 血性心囊水が見られる。
c 偽腔内に血栓が見られる。
d Stanford B 型の解離である。
e 大動脈弁閉鎖不全を伴いやすい。
36, b,e

・胸部上行大動脈-下行大動脈に解離あり。Stanford type A。偽腔開存型。

・単純CTで高吸収の心嚢水あり。

参考)大動脈解離(Aortic Dissection(AoD))の画像診断


 

37,

40 歳代の男性。労作時胸部不快感を主訴に来院した。心臓 CT を示す。可能性が高いのはどれか。1 つ選べ。
a 心筋梗塞
b 拡張型心筋症
c 不整脈原性心筋症
d 心アミロイドーシス
e 心サルコイドーシス
37, a

・後壁が線状に薄くなっている。心筋梗塞後の疑い。


 

38,

60 歳代の女性。左乳房のしこりに気づき来院した。マンモグラムを示す。正しいのはどれか。2 つ選べ。
a 硬癌を疑う。
b 娘結節がある。
c カテゴリー 4 である。
d リンパ節が見られる。
e 病変は C 領域に存在する。
38, a,d

・spiculaを有する腫瘤あり。カテゴリー5。

・CC(上下)で左なので、上が外側、下が内側。なので、腫瘤はA/Bにある。

・MLOで腋窩が見える。有意かどうかは置いておいてリンパ節は見える。

Sponsored Link

39,

70 歳代の女性。右乳頭近傍の腫瘤を自覚し来院し,精査となった。乳腺 MRI を示す。可能性が高いのはどれか。2 つ選べ。
a 硬癌
b 乳頭腫
c 粘液癌
d 充実腺管癌
e 非浸潤性乳管癌
39, b,c?

・T1WIおよびT2WIで高信号。

・サブトラで一部造影効果あり。cはまず疑われる。あとはb?


 

40,

30 歳代の女性。乳房腫瘤の疑いで来院した。マンモグラムを示す。考えられるのはどれか。2 つ選べ。
a 乳癌
b 多発囊胞
c 線維腺腫
d 脂肪壊死
e 豊胸術後変化
40, d,e

・両側微小な石灰化多数あるが、乳腺外。乳腺内に有意な石灰化なし。

・高吸収を呈する嚢胞はなし。低吸収の脂肪は見られる。

・ヒアルロン酸を乳腺にまぶして注入するとこのような画像になる。

2011年トップに戻る。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら