くも膜下出血の治療

・治療の目的は再出血を予防すること!!

スポンサーリンク

治療を検討することが推奨される動脈瘤

  1. 70歳未満(患者の余命が10〜15年以上)
  2. 5-7mm以上。
  3. 5-7mm未満では、
    症候性、後方循環かAcom,IC-PCなど、Dome/neck aspect比が大きい、不整形、ブレブありのときに治療対象となる。
症例 60 歳の女性。動眼神経麻痺。

aneurysm treat2010年放射線科診断専門医試験モ問題12より引用。

右上小脳動脈分岐部動脈瘤。症候性の場合、治療対象となる。

開頭動脈瘤頸部クリッピング術

・確実に遮断することができる。

・開頭による侵襲性がある。

・脳動脈攣縮が合併する前に行なうのが原則。原則として発症から72時間以内

動脈瘤コイル塞栓術

血管造影手技による。

・開頭より非侵襲的。

・重症例や、高齢者などにも適応あり。

Dome/neck >2、巨大動脈瘤に適応あり。

・内頸動脈動脈瘤、前交通動脈動脈瘤、前大脳動脈末梢動脈瘤、椎骨脳底動脈系動脈瘤に適応があることが多い。

参考 症例60歳台女性 慢性の頭痛。脳血管撮影。

aneurysm(2009年放射線科診断専門医試験問題12番より引用。)

・脳底動脈のトップに5mm以上の嚢状動脈瘤あり。サイズも大きく、クリッピング手技もしくは金属コイルによる塞栓術の治療対象


スポンサーリンク



関連記事はこちら