脳動静脈奇形(cerebral arteriovenousmalformation:AVM)

  • 動静脈の短絡部に異常血管塊(ナイダス、nidus)が存在する状態。
  • ナイダスが破綻すると脳内出血や脳室内出血、クモ膜下出血をきたす。
  • 症状を起こす脳血管奇形では最も多い
  • ほとんど単発。稀に多発(4〜10%)。多発性はRendu-Osler-Weber病やWyburn-Mason症候群に合併する。
  • 好発年齢は20〜40歳でやや男性に多い(脳動脈瘤より20歳若い)。なので、若年者で脳内血腫があればAVMをまず疑え
  • 好発部位は8割はテント上で一側大脳半球に偏在、続いて、正中深部、テント下。
  • 一般的には年に3%の率で破裂する(動脈瘤は1%だからそれよりは多い)。
  • 破裂例における再出血は20%(1年以内の再出血が6%)。
  • 治療方針決定のために、Spetzlerの重症度分類が用いられる。

Spetzlerの重症度分類とは?

  • nidusの大きさ(<3cm:1点、3-6cm:2点、>6cm:3点)
  • 周囲脳の機能的重要性(non-eloquent:0点、eloquent:1点)
  • drainer(流出静脈)の型(表在性のみ:0点、深在性:1点)

の3因子の合計で、grade Ⅰ(1点)〜Ⅴ(5点)に分類される。grade Ⅰ〜Ⅲが予後良好。gradeが低いほど手術が容易で合併症が少ない。

画像診断

  • 診断にはCTAやMRIを用いるが、確定診断や術前評価には血管造影が必要。
  • 非典型的な脳出血では、拡張した血管構造を探す。ただし、血腫の影響で認めにくい場合もある。
  • 典型的には、nidusを示す無数の点状〜蜂巣状の無信号(flow void)と拡張蛇行する無信号の血管(主にdrainer)が特徴的。
  • CTAでは、流入動脈、nidus、流出静脈を描出できる。
  • MRIではT1WIおよびT2WIで蛇行したflow voidを描出できる。SWIやT2*WIではより明瞭に描出できる。
  • MRAは、通常の脳動脈を観察するときに行なう3D-time-of-flight(TOF)ではなくて、静脈がよく描出されるphase contrast(PC)法の方が適している。nidusや流出静脈の流速が遅い事がおおいため。
症例 40歳台女性

cerebral arteriovenousmalformation1

T2強調画像において、右後頭葉に蛇行血管と蜂巣状の低信号域(nidus)を認めています。

cerebral arteriovenousmalformation2

MRAではnidusおよび流入動脈を確認することができます。

cerebral arteriovenousmalformation3

血管造影では、nidusおよび流入動脈をより明瞭に確認することができます。

cerebral arteriovenousmalformation4また流出静脈も確認できます。

脳動静脈奇形と診断されました。

動画でチェックする。

症例 30歳台男性

脳動静脈奇形のMRI画像

左の頭頂葉にT2強調画像において低信号を示す蜂の巣状構造あり。

MRA元画像では高信号を示し、脳動静脈奇形を疑う所見です。

症例 60 歳代の男性。痙攣発作を主訴に来院。

CEREBRAL ARTERIOVENOUSMALFORMATION

左内頸動脈造影側面像(2007年放射線科診断専門医試験問題8より引用)

前大脳動脈から連続して蛇行した血管の拡張(nidus)あり。

その背側に直静脈への連続を認めている。

脳動静脈奇形を疑う所見。

参考)よくわかる脳MRI P288-289



スポンサーリンク



関連記事はこちら